creact creact

EyeWorks Workloadモジュールを使った事例

世界大手セキュリティ会社(Northrop Grumman)のケーススタディ

目的

宇宙および海上戦命令のために、空、地表および地下の交通量を監視するために設計された特命臨界システムの2つのバージョン(現在および再設計されたもの)を評価するために、認知活動指数(ICA)を利用しました。

この研究の目的は、各システムのオペレータが自分の任務を完了したときの認知的作業負荷を評価することでした。

サンプル

適切な軍事バックグランドと現場経験を持つ被験者をリクルーティングし、テストしました。

手法

各オペレータは、現在および再設計された特命臨界システムを使用して現実的なシナリオ通りに作業しました。視線データと行動データを収集し、精神的な頑張りに関する自己申告のフィードバックも回収しました。

認知的作業負荷の統計比較の結果としては、再設計されたシステムの学習はエキスパートでも初心者でも精神的な頑張りを更に強いたことにならないことを示唆しました。

この結果は、現在のシステムから再設計されたシステムへの移行がオペレータに悪影響の作業負担を及ぼさないとの客観的かつ統計的な証拠をクライアントに提供することができました。

「最終報告書に書いてあるメトリックスは、当社の顧客に製品の有効性を証明することを可能にしました。科学的なテスト結果は発見的な現場体験を確認し、私たちの顧客全体にわたり広く製品を受け入れられることを確信できました。」

Northrop Grumman Corporation防衛ミッションシステム部門部長Corey Bickmore氏

TOP > 論文集•使用例 > ETI社 視線計測事例 > EyeWorks Workloadモジュールを使った事例 > Workloadモジュールを使った事例