creact

陸上

Ellipse-Nを用いた自転車スピードの世界記録

2015年4月7日

2000年Eric Baroneはバース(アルプス)の伝説のKLスロープにいどみ222.22km / hのスピードで世界記録を作った最初の男性です。 2015年3月28日午前7時30分、不気味な気象条件にもかかわらず、Eric Baroneは自己記録を破る223,30 km / hのスピードで自転車の世界記録を打ち立てました!


凍てつく寒さと強風の中での世界記録

午前7時30分、"Chabrieres"と名付けられたバースの有名なKLスロープの上部から、Eric Baroneが出発しました。 暴風で自転車を出発地点に保つのも難しかったです。土曜日の午前、Eric Baroneが風に逆らってトラックを取ったときの風の寒冷度は、-20°Cでありました。 言うまでもなく、気象条件は理想とはかけ離れていましたが、Ericはうまく自転車に乗り、完走できました。 最後の500mでは、Ericは自分のパワフルなオーダーメードの自転車を最大限に活用しながら、軌道のバランスをとるようにし、自分の世界スピード記録を破りました:223.30 km / h。

ENGINOVAは、20年以上にわたる極限スポーツ業界(高速セーリング、マウンテンバイク、モータースポーツなど)でのプロジェクトの舵取りおよび研究の経験を持ち、試作品と標準的な自転車を混合させることに大きな役割を果たしました。最高速度に達するために、自転車の骨組みの設計は、航空原理に基づきエンジニアリングの計算、炭素フェアリングの実験、及び風洞試験を行いました。直線経路を得るためにスロープも最適化されました。

午前7時30分、"Chabrieres"と名付けられたバースの有名なKLスロープの上部から、Eric Baroneはスタートしました。 突風で自転車を出発地点に保つのも困難でした。Eric Baroneが吹きすさぶ風に逆らってコースに飛び出したこの土曜日の朝の体感温度は-20°Cでした。言うまでもなく、気象条件は理想とはかけ離れていましたが、Ericは自転車を順調に疾走させ完走しました。 最後の500mでは、Ericは自分のパワフルなオーダーメードの自転車を最大限に活用しながら、軌道のバランスをとり、自己の世界スピード記録を破りました:223.30 km / h。

ENGINOVAは、20年以上にわたる極限スポーツ業界(高速セーリング、マウンテンバイク、モータースポーツなど)におけるプロジェクトでのステアリングおよび研究の経験を持ち、プロトタイプと標準的な自転車を組み合わせる事により、この成果にとって大きな役割を果たしました。最高速度に達するために、自転車の骨格の設計は、エンジニアリングの計算を集め、炭素エアリングを実現し、風洞実験を行う事による航空原理に基づいています。直線経路を得るためにスロープも最適化されました。


オフィシャルクロノメーターセルの配置にEllipse-Nを使用

このような世界記録の試みにおける非常に困難な点は、Ericが最高のスピードを出すことになっている、しかし本番前に一度も走ったことがない全走路の位置を計算することです。この重要なポイントはEllipse-Nを使う事で解決されました。 Ellipse-Nは、組み込みGNSS受信機を備えた小型のINS-慣性航法システムです。 自転車に搭載されたEllipse-Nは、低速(走路の半分の地点から180kph)でマシンのすべての動作を記録しました。 その結果は、速度シミュレータ・ソフトウェアでの比較と調整に使用されました。 これらの「低速」記録から、ENGINOVAエンジニアは公式のクロノメーターセル(2つのセルの間に100 m)を配置するため、最高速度を出せる場所を推定することができました。


Ellipse-N このような過酷な条件でベストなINS

「私たちが販売されている中で見つけた最高のINSがSBG SYSTEMSのEllipse-Nでした。 Ellipse-Nは、計算された位置、3D速度、加速度、オイラー角のために高レベルの精度を出さなければなりませんでした。計測結果は私たちに走行中のバイクの動作の詳細な”ビジョン“を与えてくれました。 「sbgCenter」ソフトウェアは、これらの記録された情報を、走行中に撮影された高周波画像と比較するのに役立ちました。 驚くような、とても効率の良い組み合わせです!」 Enginova創立者Amerigo氏。

Enginovaが選択したもう一つの重要なポイントは、IPクラスと動作温度範囲です。それは高度2,700 mで作業する際の重要なポイントです。 IP68筐体と-40〜+ 85℃の温度キャリブレーションの特徴によって、Ellipse-Nは要求スペック以上で、このような過酷な条件でも完璧に動作しました。「 SBG Systems の開発&サポートのエンジニアは、このような長期的なプロジェクトにおいても、モニタリング測定チェーンの調整や、結果分析にハイレベルで関わり我々を助けてくれました。 このチームワークは、私たちの究極の目標に多大な貢献をしました。 本当に良い仕事です!」とAmerigo氏は言い加えました。

3年間の献身的な努力の後、Ericと彼のチームは、彼らにふさわしい当然の成果を上げ、技術的、スポーツ的、そして人間的な勝利としてその偉大な業績を称えられました。


Ellipse-N:高性能小型INS / GNSS

Ellipse-Nは、非常に低いノイズのジャイロスコープと、GNSS受信機(このケーススタディでは、GPS + GLONASS)を統合しています。0.2°のロールとピッチ、200Hzの0.5°のヘディング、およびメートルレベルの位置データを提供します。

「私たちが販売されている中で見つけた最高のINSがSBG SYSTEMSのEllipse-Nでした。 Ellipse-Nは、計算された位置、3D速度、加速度、オイラー角のために高レベルの精度を出さなければなりませんでした。計測結果は私たちに走行中のバイクの動作の詳細な”ビジョン“を与えてくれました。」 Enginova創立者Amerigo氏

TOP > 論文集•使用例 > SBG社 慣性計測ユニット(IMU) > 陸上 > 自転車スピードの世界記録