creact creact

クレアクト通信

続・Googleカスタムインテントオーディエンスを試してみた

こんにちは、WEBマーケター広島です。

2018年。日本。夏。
どうしたんだ?というぐらい、暑い日が続いてますね~。
連日連夜、テレビからは「猛暑」を通り越して「酷暑」という言葉ばかり。
「酷暑」という言葉、今まであんまり聞いたことなかったような…。

以前投稿したブログ「Googleカスタムインテントオーディエンスを試してみた」で「ニッチな畑すぎる故にぜんぜん効果がなかった。」といったブログをアップさせて頂きました。

今回はその続編をお届けしたいと思います。

 


◆続編

 

その後、配信を一時停止。

しかしながら、とあるアドバイスを受けて再度スタート。

結果がコチラ。

こんな感じでimp数とクリック数が右肩上がりにッ!!

直接的なコンバージョンは発生してないのですが、私の目標指数でもあるリードの獲得数も増えてきてる中、この施策は全く無関係ともいえないかな?と感じております。


◆スタート→停止→再スタート

はじめにこの施策を実装したのが、2018年2月。
Googleさんからオススメされたのがキッカケでした。

広告グループごとに競合先のURLや検索キーワードを登録し、その効果を期待しておりましたが…impもクリックも全くのびないッ! 登録した競合先のURLや検索キーワードの数が少ないという理由はあるにせよ…これでは施策として意味がないかな?と思い、一旦停止しました。

その後、とあることをキッカケに設定を変えて再度配信。
その実装タイミングが5月末です。
変更した設定箇所は、「オーディエンス」になります。

今まで「モニタリング」にしておりましたが、「ターゲティング」に変更。
そして、「ターゲティングの自動化をしない」という設定にしました。

そこから、アクティブに動き出し現在に至っております。

おそらく、初期の設定は「縛り」がキツすぎたんだと思っております。ターゲットの縛りを緩くした事、また競合先URLやキーワードを更に登録した事がimpとクリックが伸びた理由だと捉えています。

冒頭でもお伝えした通り、まだ直接的なコンバージョンは発生していません。 
矛盾していますが、ターゲットを広げた事で、無駄クリックを生んでいる可能性もあります。

先ずはimpとクリックがのびた→この後、コンバージョンに動きがあるかもう少しウォッチしていく。
そんな感じで考えております。
※検索広告に比べてクリック単価が安いのはありがたい。

こちらの結果は、またブログでご紹介したいと思っております!
お楽しみに~!

TOP > クレアクト通信 > 続・Googleカスタムインテントオーディエンスを試してみた