creact creact

クレアクト通信

ハンバーガー屋で成功するには・・・

From 大竹

 

あなたはこの話を知っていますか?

それはゲーリー・ハルバートという人の、ハンバーガー屋についてのエピソードです。

ダイレクトレスポンスマーケティングを勉強した人ならおそらく知っている有名な話。

ざっくり言うとこんな話です。

 

自称世界一のセールスライター、ゲーリー・ハルバート。

その彼が、彼のセミナーを聞きに来た聴衆に次のような質問をしました。

 

「もし私とあなた方がハンバーガー屋をやるとして、

私よりも売上を上げるためにどんな条件が欲しい?」

 

条件とはゲーリー・ハルバートに勝つためのアドバンテージ、利点、優位性などのこと。

聴衆の意見は

「秘伝のソースが欲しい」

「最高の立地があれば売れる」

「全国展開できるブランド力が欲しい」など様々。

 

一通りそれを聞いたゲーリー・ハルバート。

 

「今言った条件すべて皆さんにあげます。

 それでも私はあなた方より圧倒的に売り上げを上げることができる。

 私にたった一つだけ条件をくれれば」

 

さあ、その条件とはいったい何でしょう??

っていう話です。

 

 

 

その答えは・・・

 

 

 

 

 

「腹をすかせた大衆」

 

ゲーリー・ハルバート曰く、それさえあれば売り上げを圧倒的に上げることができるということです。

この話は、商品よりも大事なのは腹をすかせた大衆、つまり

お客さんがどこにいるのか、そのお客さんが何を欲しがっているのか、どんな悩みを抱えているのか

を知ることの方が重要だということを表しています。

 

 

何を売りたいかではなく、何が売れるか、何を欲しがっているか

 

言われてみれば納得な話ですよね。

でも多くの人は「自分は何を売りたいか」を基準に新しいビジネスを始めると言われています。

そして、そのせいで事業に失敗する。

 

でも、このハンバーガーの話を知っていれば、商品の開発よりも

お客さんのリサーチの方がよっぽど重要だということに気付きます。

 

あなたが開発した画期的な商品、一口食べれば病みつきになるような新メニュー、世界中から探してきた珍しい商品。

そのような「あなたが良いと思っている商品」なんて、お客さんにとっては「どうでもいい物」なのです。

 

あるいはあなたが営業会社に勤めていて、

お客さんのリサーチなんかせずに開発した商品を担当する営業マンだとします。

鬼のような上司から

「さあ、これを買ってくれるお客さんを探し出してバンバン売ってこい!

 売れないのは、お前の気合いが足りないからだ!」

なんてことを言う会社にいたら、もうかわいそうでかわいそうで仕方ありません。

その場合、会社を辞めるか、

頑張ってその会社で偉くなって、マーケティングを勉強してその会社の体質を変えてあげてください。

そういう苦しみを味わうのが好きなら構いませんけど。

 

要するに

 

× 何を売りたいか

〇 何が売れるか

〇 何を欲しがっているか

 

が重要ということです。

 

 

大竹 賢司

TOP > クレアクト通信 > ハンバーガー屋で成功するには・・・