creact creact

クレアクト通信

理工学系高校生のススメ

こんにちは、WEBマーケターの広島です。

昨日、とある16歳の女子高校生がクレアクトにやってきました。
クレアクトに女子高生…とてもミスマッチです。
一般の女子高生なら、興味関心すらおきないであろうセンサー系の会社…に、女子高生。

今回はホントに珍しい女子高生のお客さまについて、チョッとお話をします。


■どうしてクレアクトに?

自らアポをとり、時間通りにクレアクトにやってきた某有名高校のMさん。
髪を1つに結びジャケットを着た彼女は、緊張しながらもニコッと笑ってハツラツとしたイメージ。
でもハツラツだけではなく、どこか知的な雰囲気を感じるとても可愛らしい女性です。

 

クレアクトからは、大竹、鬼塚……と私。
ミーティングに参加する必要は全くなかった私ですが、ど~してクレアクトにやってきたのか?彼女が何を思っているのか知りたくて、半ば強引に参加させてもらいました。

 

ノートPCで持参したプレゼン資料を元に、緊張しながらも説明をしてくれたMさん。
詳細はお伝えできませんが、生体センサーを使った女性ならではの製品を開発したいとのこと。
お話をお伺いしていて、「女性ならではのグッズ」と「生体センサー」を組み合わせる発想に驚きつつ、生体センサーとは何か?どうやってデータを取得するのか?を鬼塚から説明させて頂きました。

 

パワーポイントで作られたプレゼン資料も立派なもので、開発の経緯からアンケート、ターゲットの市場まで書かれておりました。更に某(超)大手のソーシャルネットワーキングサービス会社にもプレゼンをしたというMさん。

彼女の作りたい製品を実装させる為には

  • ・某大手のソーシャルサービス
  • ・生体センサー
  • ・某大手のセキュリティーサービス

が必要ってことなんですよね。こんな大手ばかりの中に入れていただけるなんて恐縮だわ(苦笑)。

 

1つ1つの話を熱心に聞くMさんの眼差しは真っすぐ過ぎて、薄汚れきった我々オトナたちからしてみれば眩しいほどでした。
(いや、鬼塚はある意味、まだ真っすぐだなぁ…)

■何が大事って、発想が大事

この世に生を受けて40年以上も生きていると、純粋さは失われ、経験値と感覚値で「ん~~、それって現実的にどうなんかね?」みたいな判断をしてしまいがち。でも、Mさんのように一見紐づかないようなモノを組み合わせる「発想」って、ホントに大事だなぁ~と思うのです。私たちからその発想は絶対に出てこない(苦笑)。

きっと某大手ソーシャルサービスさんも、これから訪問するであろう某大手セキュリティー会社さんも、「高校生が考える真っすぐなアイデア」を聞いてみたいって思ったハズ。「これってムリでしょ。」って思ってしまいがちなオトナたちだからこそ、「若い人が考える発想」に興味を持つだろうと感じたのです。

■高校生という「武器」を使う

そんな背景から、高校生という立場を使って大手企業にアイデアを聞いてもらうって、ハードルとして高くないかも?と。逆に「会社 対 会社」の方が、会ってくれない(苦笑)。

実現可能かはともかく、高校生が考える「アイデア」って、企業が初心に戻る意味でも、実は欲しているんじゃないでしょうか。そして、その感覚を思い出させてくれたMさんには、ぜひアイデアをカタチにして欲しいなって思うばかりです。

プラス、今回のことでもう1つ良かったこと。
Mさんがどうして大手でもない専門商社のクレアクトに辿り着いたか?という理由について。
実はこのブログが一役かってます。

鬼塚が書いている生体センサー関連のブログが、情報を探している中でヒットしたそうです。
記事をアップする時、titleもdescriptionもハッシュタグも内容と関係があるビッグキーワードを意図的に使っています。その方が検索に引っ掛かってくるので。やってて良かったSEO対策。

クレアクト通信は規模としてはまだまだ小さい。
でも「風が吹けば桶屋が儲かる」かもしれないし、「北京で蝶が羽ばたくと、ニューヨークで嵐が起こる」かもしれない。
小さな規模でも、今回のような事は起きる。
もしかしたら、これがキッカケでもっと多きい事に繋がるかもしれない。

そう考えると、「毎日、書く」って大事。
あとブログに限らず「続けること」も大事…と改めて。

ではでは良い週末をお過ごしくださいね!

TOP > クレアクト通信 > 理工学系高校生のススメ