creact creact

クレアクト通信

モバイルファーストインデックス導入!

こんにちは、WEBマーケターの広島です。

一昨日食べた何かが原因で、昨日の朝に腹痛と嘔吐に見舞われました。
お刺身を食べていたので「もしや、流行りのアニサキスか?」と思ったのですが、違ったみたいです。

 

さて今回は、以前から騒がれていた「モバイルファーストインデックス」に関して。とうとう正式にGoogleから導入すると発表。

これは!…うかうかしてられません(汗)。


■モバイルファーストインデックスってなに?

 

今まで、検索順位にしろWEBサイトの中身にしろ、評価の基本は「PCサイト」でした。
でも、気が付けば一人1台スマートフォン持ち。
そんな時代背景を受けて、評価の対象を「PC」ではなく「スマホ」にするというものなんです。

「評価の基準がスマホになっただけでしょ~?PCはPCの検索結果で頑張れば問題ないっしょ~!」
なんて思っている方、気を付けなはれや!

なぜなら、スマホでの検索順位がPCでの検索順位にも影響を与えるんです!
Googleが半ば強制的に「スマホ対応していきなさいね!」って言ってるようなものですな…トホホ。

 

でも現実問題、クレアクトのような会社はスマホよりPCの方が見やすいと思うんだけどなぁ。
ダメか………。


■絶対に確認しておくべきこと!

まずは自社のサイトがキチンとモバイル対応をしているか、確認をしてみましょう。

GoogleのSearch Consoleをお持ちであれば、左側の「検索トラフィック」→「モバイルユーザビリティ」をクリック。
問題ない場合は、以下の図のように「モバイルユーザビリティのエラーは見つかりませんでした」です。

クレアクトは問題なし。ホッと一安心です。

問題のある場合は、「テキストが小さすぎます」「ビューポートが設定されていません」といった指摘内容が表示されます。指摘内容を元に、なるべく早い段階で修正をしていきましょう。


■しかし、安心してはいけない。

 

モバイル対応がされているからといって、安心してはいけません。

Googleの基本概念である「ユーザーにとって価値のある、良質なコンテンツを提供すること」を忘れてはいけません。
これは中身ももちろんのこと「ユーザーが使いやすいサイト」である事も含まれます。
そこで基本的に大事なこととして「ページの読み込み速度を速める」があります。
これはスマホに限らず、PCでも言えることですね。

ページが完全に表示されるまで3秒以上かかった場合、半分以上のユーザーは離脱すると言われてます。
コンテンツ内容の良し悪しの前に「見られない」ではマズい…。
使っている画像をリサイズしたり、サーバーの応答時間を短くするなど、パフォーマンスを上げる修正をしましょう。
※これは人のことを言えない…。

 

ということで、この実施により順位の変動が起きる可能性が高くなってきました。
ホントは検索エンジンに左右されたくないのだけど…でも、改善は大事だし必要。
ここ2週間ぐらい、私もクレアクトのページを修正しまくってます。

みなさんも、まずはSearch Consoleで確認をしてみて下さいね。
今週はナマモノを食べないと誓いながら、せっせと作業を続けたいと思います。

ではでは、良い週末をお過ごしください~!

TOP > クレアクト通信 > モバイルファーストインデックス導入!