creact creact

クレアクト通信

集客を仕組み化してみた。その経過報告。

From 大竹

 

 

前回のブログで『集客の仕組み化』について触れました。

今回はその続きです。

実際にうちで集客を仕組み化してみた結果をご紹介します。

 

2015年9月、私はクレアクトに復帰しました。

そしてすぐに集客の仕組み作りに手を付けました。

当時、クレアクトのメインの集客方法は展示会や学会での機器展示。

Webサイトもあるにはあるのですが、Webサイトへのアクセス数を増やすこと、つまりSEOやPPCにはあまり力を入れていない状況でした。

 

そこで、まずはSEOやPPCに注力することにしました。

当然ですが、前回のブログで書いた分析の結果も、SEOやPPCに注力すると判断した理由のひとつです。

 

でもここで問題が・・・。

SEOやPPCに力を入れたいものの、残念ながら私にはその知識がない。

 

そこで白羽の矢を立てたのが、その当時別の会社でWebマーケターとして働いていた広島でした

広島の力を大いに借り、コツコツと日々改善を重ね続け・・・

いつの間にか広島もクレアクトの社員になり・・・

 

そして、2年以上が経過しました。

 

 

その結果がコチラです。

(縦軸が問合せの件数ですが、あえて数値を伏せています)

 

2018年1月は過去最高の問い合わせ数を記録しました!

 

 

でもこのグラフ、ちょっとわかりにくいですね。

なぜなら、うちの問い合わせ件数は季節変動があるからです。

このようなグラフにすると、かなりギザギザになってしまいます。

 

そこで、このグラフを次のように変えてみます。

これだと前年同月比がわかりやすいですね。

このグラフをみると、2016年5月は前年より下回りましたが、それ以外の月では前年を上回るペースで問い合わせが増えていることがわかります。

 

特に2017年1月はすごかった。2016年1月のちょうど4倍!

先月、つまり2018年1月はさすがにこの問い合わせ数を超えるのは難しいかなーと思っていました。

でも結果的には、過去最高の問い合わせ数をマークすることができました

 

 

最後に、年間の問い合わせ総数はこうなります。

2017年は2015年の2.86倍2016年の2.03倍もの問い合わせがありました。

 

 

というわけで、今後もWebサイトへのアクセス数を増やすことで、問い合わせの件数を増やすことを続けていきます。

それと並行して、次はコンバージョン率(成約率、顧客への変換率)を上げる施策に力を入れていきます。

 

また面白い結果が出たらこのブログで報告しますね。

 

 

 

大竹 賢司

TOP > クレアクト通信 > 集客を仕組み化してみた。その経過報告。