creact

クレアクト通信

ランディングページはLPといいます

こんにちは。WEBマーケターの広島です。

実は明日から北海道出張のワタクシ。クレアクト入社以来、初の出張です。

WEB担当のワタクシがなにをしに北海道に行くかって?それは「ランディングページ作成用の取材」に行ってくるんですッ!


■そもそもランディングページとは?

知っているようで知らないランディングページの定義。
例えば…PPC広告(AdwordsやYahoo!広告など)などをクリックした時に、一番最初に表示されるWEBサイトページがランディングページ。

「だったら、既存であるWEBページに遷移させればいいんだね?」って思いがちですが…WEB業界での一般認識としては「宣伝する商品やサービスを誰でもわかりやすく、そしてCVに直結するような、なが~い特別宣伝ページのこと」をランディングページ、略して「LP」なんで言ったりします。

よくお菓子のキャンペーンとか飲料のキャンペーンとかありますが、だいたい専用のLPを作成していますよね?
例えばこんな感じに。

この2サイトはクリスマス仕様のため、クレアクトが作るLPとはだいぶ異なりますが、イメージとしてはこんな感じの特別ページです。

で、クレアクト的に大事なのは…

  • ①ページに来てくれた人の悩みが解決できるように!
  • ②難しい専門用語を多用しない!
  • ③事例も入れてより商品の信頼をしてもらう!

という部分にポイントを置き、「ユーザーにとって最適化したLPを作成しよう!」と目論んでおります。

LPを作成するにあたり「ユーザーにとって最適化したページを提示する」という理由の他に

  • ・PPC広告においては、LPと関連性の高いKWと広告文を使って、広告の品質スコアをあげ、クリック率を高める
  • ・SEOにおいては、検索上位にあげる施策をしつつ、1コンテンツとして中身の質を高めることで、良質なページを提供する。

という意味も含まれております。

だから全体の構成も含め、とても大事なページなんですね。

いま、WEBページにアップされている製品概要やスペックは、どちらかというと少し専門的な内容。

もちろん、それで理解をしていただける方も多いのですが、そこに行きつく前の「○○をしたいんだが、何を使えばよいのかな?」っていう「気付き」を与える為に、LPが一役かってくれるということです。

で、今回はその為に北海道にあるとある病院に取材に行くことになったんです♪

 

がしかし…予約した航空会社から「新千歳空港周辺の降雪が予測されるため、運航に影響がでる可能性がございます。」だってぇ~。

 

もし、明日もワタクシがブログを書いていたら、「北海道に行けてない」と思っていただければと思います…合掌。

TOP > クレアクト通信 > ランディングページはLPといいます