creact

クレアクト通信

計算尺

こんにちは、WEBマーケターの広島です。

昨日、入社して1カ月と21日たったワタシの歓迎会をして頂きました。

今回、ワタシの中でヒッソリと企てていた目標…それは、創業40年の歴史をほこる、わが社の「技術部チーム」と親睦を深めること!!!!

もともと「ものづくり」のクレアクト。

創業から今日に至るまで、色んな「スゴいもの」を作ってきたんですね。

 

ワタシよりもだい~ぶセンパイである技術部の方々。

どうして今の仕事についたのか?

むかしはどんな手法で制作をしていたのか?

「FAXの先駆け的なモノを作ったんだよね~。」という話は、腰を抜かすほどビックリしました…。

そんな中で、むかしは「計算尺」なるモノを使って設計をしていたとのこと。

計算尺とは…

こんな感じ。

どうやって計算するのかもわかりません…。

計算尺といっても、種類は様々あるようで。

でも、基本的には「掛け算」が得意な道具らしく。

「本当にね、むかしに比べれば今は随分カンタンになったよね~。」と、言葉は多くないけれど、ポソポソと、でもはにかみながらお話をされておりました。

色んなお話を聞いている中で

「基本知識を理解しなければ“ものづくり”はできない。」

「基本知識を知らないで“もの”を作ると、何か問題が出た起きた時の原因追及ができない。」

そんなことを教えていただいてるよな感じがしました。

 

ハリボテで作り上げられた知識や経験はすぐに崩れちゃう。

目の前にいるセンパイたちの背中を見ながら、ワタシもまだまだ学びの最中だなと痛感した夜でした。

TOP > クレアクト通信 > 計算尺