creact

クレアクト通信

デッドにマーケティングを学ぶ

こんにちは、WEBマーケターの広島です。

先週末の、上司である大竹がブログを立て続けに3本もアップ。

「学んだ事を48時間以内にアウトプットする」はい、勉強になります………。

閑話休題。

 

皆さん、グレイトフル・デッドというバンドをご存知でしょうか?

主に活躍したのは60年、70年あたりでしょうか?

ヒッピーやサイケデリック文化の象徴として存在していたバンドで、ワタシが好きなバンドでもあります。

そんなデッドですが、数年前に少し変わった本が出版されました。

その名も…。

 

「グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ」

なんてことでしょう。

ヒッピームーブメント真っただ中の彼らに「マーケティングを学ぶ」

デッド好きであったこと、また本の装丁がすばらしかったこと、糸井重里氏が絶賛していたこと。

その3つの理由だけで本を購入したワタシ。

どの書評にも書かれてますが、「WEBやソーシャルメディアがなかったあの時代に、どうやってファンを増やしていったのか?」「ヒッピーバンドが年間5000万ドルもどうやって稼ぎ出したのか?」を「壮大な表現」で書かれている本書。だから間違っても「この本でホンキでマーケティングを学んじゃいけない。」のです。

 

今の時代であれば「当たり前」の事を、デッドは随分むかしからやっていた…たぶん、デッドファンにしかグッとこない本だと思います。

教材本として買った人、いるのかなぁ?

この本の一番すばらしいところ。それは

 

・本の仕上がりがとてもすばらしい。

・随所にこだわりを感じられる。

・糸井重里氏や音楽業界から猛烈な支持を受けた。

・作り手が楽しそう。

でも、チョッと待ってよ…。

改めて本の「目次」だけ読み返す。

 

「ユニークなビジネスモデルを作ろう」

「バラエティに富んだチームをつくろう」

「実験を繰り返そう」

「自分が好きなことをやろう」

「新しい技術を取り入れよう」

「ファンを増やそう」

……etc。

なんか、いま見るとチョッと新鮮

ビッグデータに翻弄され、バズらせることの意味が見いだせなくて、誰のためにアプローチしているのか分からない情報社会。今だからこそ、読み返す価値があるかもなぁ……。

TOP > クレアクト通信 > デッドにマーケティングを学ぶ