Tactilus 座面圧シート

リーズナブルな価格設定で使いやすい座面圧シート

Tactilusシート型圧力分布計測システムは、リーズナブルな価格設定の使いやすいシステムです。 シート厚は1mm以下ととても薄く、柔軟性と耐久性に優れています。またデータ処理基盤はセンサに内臓されており完全ワイヤレス計測となっております。

概要

Tactilus座面シートの特徴

最大の特徴は、最小10mmピッチの高位置分解能です(320mm x 320mm/サイズ)と完全ワイヤレス計測です。座面圧シートTactilus(タクティラス)は、アメリカ・Sensor Products社が提案する圧力分布計測のあらゆるニーズにお応え致します。
Tactilusは3つの計測原理から、用途に応じて、最適なセンサエレメントを使用しています。ピエゾ抵抗タイプは高感度、微小圧力計測に、静電容量タイプは高精度、高耐久性に優れ、抵抗タイプはお求めやすいシステムを実現します。それぞれのタイプの特徴を最大限引き出すTactilus面圧力計測システムは、ユーザの広い用途に対応すると同時に、カスタム化をすることでさらに目的にかなったシステムをご提案します。

Tactilus Hシリーズ

Tactilus Hシリーズ
極薄 & 超高感度の計測センサー

Tactilus Hシリーズは世界で初めてナノポリマー材料を使用した面圧力分布計測システムです。高精度計測、高耐久性、高分解能を実現しました。厚さはわずか0.4mmでセンサの影響は皆無です。この薄いセンサを二つの物体が接触する狭い隙間に差し込めば、時系列で動的な変化をリアルタイムでモニタリング可能です。尚、基本的にはフラットな面の計測が対象になり曲面への計測には向きませんが超極薄なセンサと超高位置分解能、高速サンプリングに特化しており工業向けの計測でのニーズが高いモデルです。

技術仕様

  • 測定精度 ±10%
  • センサの厚みは 0.4mm
  • 空間位置分解能 1.6mm
  • 繰り返し精度 ±2%

応用分野

Tactilus Hシリーズは超高位置分解を持つセンサになります。ユーザーフレンドリーなシステムはまったく新しい世界を機械・宇宙航空工学分野に切り開きました。感度とセンサの柔軟性の二面性をうまく取り入れたHシリーズセンサは様々な研究分野でお役立て頂いております。

  • センサポイントは最小1.3mmピッチ(計測面約50mm x 500mm)
  • 93℃の高温に耐える耐久性
  • 正確なキャリブレーション
     (NISTに基づいたキャリブレーション)

 

シート型

面圧力マッピングシステム(シート型)

  • 全てキャリブレーション済みです。面倒なキャリブレーションを計測毎に行う必要はありません。超高空間位置分解能(10mmより)
  • ほとんどのセンサパッドは曲面で使用でき、非常に丈夫です。
  • 電磁ノイズ、温度や湿度の変動に強いシステムです。
  • システム構成は、①センサパッド、②データ処理ユニット、③全てのセンサパッドに共通のデータ取得・分析ソフト、④個別のセンサ専用のドライバソフトです。

ソフトウエア

  • Windows 8,10,11 用ソフトウエアです。
  • データは、TactilusまたはASCIIフォーマットでインポート、エキスポートできます。
  • データは2D、3D、分布図、平均vs.時間、最大圧力vs.時間、コンタクトエリアvs.時間など様々なモードで分析できます。
  • ローカルポイントやROI (Region-Of-Interest)の分析が簡単にできます。

PDFダウンロード

下記より資料をダウンロードできます。

PAGE TOP