creact

BITalino用コンポーネント

BITalino (r)evolution用コンポーネント

BITalino (r)evolutionを構成するMCUや無線通信、電源ブロックをご紹介します。

BITalino (r)evolutionのMCUブロック、Bluetoothブロック、電源管理ブロックが搭載されたオールインワンの基板です。

BITalino (r)evolutionのMCUブロックです。BITalinoのファームウェアがプログラミングされています。

 

特徴:

■ UARTインターフェース
■ SPIインターフェース
■ バッテリ状態および低バッテリー表示LED
■ サンプリングレート: 1、10、100、1000Hz(選択可)
■ アナログポート: 4入力(10bit)+2入力(6bit)+1出力(8bit)+バッテリーレベル
■ デジタルポート: 2入力(1bit)+2出力(1bit)

 

データシート >

BITalino (r)evolutionのBluetoothブロックです。BLEまたはBluetooth 2.0から選べます。

 

特徴:

■ UARTインターフェース
■ チップアンテナ(BLE版)またはPCB アンテナ(Bluetooth 2.0版)を搭載
■ ボーレート: 115200bps (プログラム可能)
■ 動作電圧: 2.2~3.6V(BLE版)または3~5V(Bluetooth 2.0版)
■ 消費電流: 20mA(BLE版)または40mA(Bluetooth 2.0版)

 

BLEブロックのデータシート >

 

BT(Bluetooth2.0)ブロックのデータシート >

BITalino (r)evolutionの電源管理ブロックです。

 

特徴:

■ 3.3V出力
■ 1.65V出力
■ 3.7V Li-Poバッテリー充電回路搭載
■ Micro-USBポート搭載
■ 充電状態表示用LED付き

 

データシート >

*㈱クレアクト・インターナショナルはポルトガル Plux社の正規代理店です。

TOP > 様々なセンサーや計測機器のご紹介 > 生体センサーbitalino(ビッタリーノ)アプリ開発キット > BITalino用コンポーネント 概要