creact

physioPlux

スポーツ・リハビリ実験・評価用EMGバイオフィードバック

フィジオpluxは、sEMGボディセンサー、ワイヤレス伝送ユニットとデータ処理用のタブレットから成り立つスポーツ/リハビリ評価テストを可視化する筋電位バイオフィードバックツールです。 リハビリやけが防止のために行われる訓練時における重要な筋肉の活動の強さ、タイミング、順番、バランス等を可視化し、正しい目標設定やフィードバックを行う事によって理学療法をサポートします。廉価で簡単に使用でき、高い効果を期待できるフィジオpluxは、リハビリテーションの客観的な評価や各種スポーツ選手の運動機能改善、再発防止に活用できるスマートなツールです。  従来のご自分の方法を可視化し、効果を比較して下さい!

フィジオPluxの特徴

●筋肉がどのように活動しているかを被験者にリアルタイムで分かり易く表示
●可視化し評価したい症例に応じてプロトコルを選択後、課題やゴールを定め簡単にテスト開始
●ワイヤレスEEGセンサをターゲットの筋肉に貼るだけで、バイオフィードバック表示
●どのように筋肉を使って訓練するべきかを提示できるので、被験者のモチベーションも向上
●専門家による筋肉活動のパーフォーマンスの向上を目的とした行き届いた設計
●従来から使われている手法をサポートし、より良い効果をあげる
●早い訓練効果が望め、一人のスタッフがより多くの被験者に対応できる
●より速い結果と高い満足度が被験者に高い関心を持たせる

フィジオPluxの構成

●フィジオplux エキスパート・パッケージ 8ch EEG 全プロトコル
●フィジオplux プロ・プロパッケージ   4ch EEG 全プロトコル
●フィジオplux ソロ・パッケージ     4ch EEG 1プロトコル (スタンド無し)


~技術仕様~

症状/プロコルト
 

  術後の回復 動的安定肩 前十字靭帯 動的安定 膝蓋大腿関節 すばやい 筋収縮 バイオフィードバック 動的安定性 バランス
肩の痛み
仕事関連首の痛み
慢性的な痛み
反復運動過多損傷
繊維筋痛
関節炎
脳卒中
肩峰下インピンジメント症候群
関節上腕靭帯不安定
腰痛
頭痛
膝蓋大腿関節痛
前十字靭帯形成

TOP > 様々なセンサーや計測機器のご紹介 > ウェアラブル生体信号計測 > physioPlux 概要