creact creact

ThermoHuman

世界のプロスポーツで採用された最先端サーモ画像解析ツール

ラ・リーガやカンピオナート・ブラジレイロなど世界のプロスポーツで採用!

スポーツ選手のサーモ画像をアップするだけで96(最大)の各部位を検知し、非対称のゾーンをチェック。非対称度、標準偏差、筋肉痛度、リスクインデックスなど12以上のパラメータで分析し、アバターやグラフなどで可視化します。

サッカー、ラグビー、マラソン、駅伝などのハイパフォーマンススポーツのケガの予防に威力を発揮する「サーモヒューマン」は、筋断裂や骨の疲労骨折、靭帯、腱損傷など、スポーツ選手が異常を訴える前に検知し、試合復帰のタイミングやトレーニング方法、治療方法などに役立つデータを提供する最先端のケガ防止ツールです。

ThermoHumanの大きな「特徴」

速い!非侵襲!客観的!

毎回一人当たり最大5枚のサーモ写真を撮るだけで、診断サポート、ケガ防止、ケガモニタリング、トレーニング負荷調整に役立つリスクインデックス付きレポートを提供します。

資料提供:ThermoHuman
※ThermoHumanは、診断、治療装置ではなく、それをサポートするツールです。

スポーツ科学、医学、理学療法のための
サーモグラフィー

サーマルイメージの非対称分析による瞬時の定性分析と、生理学を基礎とした放射測定値の分析による客観的な定量分析が可能になります。チーム、ポジション、ケガ/障害の部位、疾病によるグループ分析、被験者の継時分析が簡単に行えます。

トレーニングと治療への応用例

[ケガ前] ケガのリスクのある個所を検知し、トレーニング負荷調整用のデータを提供。

[ケガ発生時] ケガ診断へのサポート、スクリーニング、問題部位の発見の時間短縮、追加情報の提供。

[ケガ後] 非対称性と代償の定量化、回復過程の変化に適応する治療や介入へのデータ提供。試合復帰時期判断のためのデータを提供。

プロスポーツにおいてケガによる経済損失は莫大です。スペインのプロサッカー・リーグにおける調査では、ある年のチーム当たりのケガによる損失金額は10億円、チームの16.23%がケガによってプレーできませんでした。

このようなサッカー、野球、バスケットボール、サイクリングなどのハイパフォーマンス・スポーツの分野で、ThermoHumanは、ケガによる選手の健康と経済コストの損失の回避に貢献しています。

また外傷学、足病学、理学療法、バイオメカニクスの分野でもThermoHumanはユニークなデータを提供します。

ThermoHumaとは

ダッシュボード

ThermoHumanダッシュボードは、クラウドベースのプラットフォームで被験者のサーモデータとプロファイルを管理し、リスクインデックスや非対称率等を瞬時に表示します。

サーモ画像のアップロード

被験者の日々のサーモ画像をアップデートするだけ。自動的に最高96の体の領域を検知し、1秒足らずで分析します。

コンピューター・ビジョン

ThermoHumanのアルゴリズムは、非対称ゾーンをチェックし、サーマルアバターとともに価値あるフィードバックを取得します。

分析パラメータとレポート

ThermoHumanは非対称度、標準偏差、筋肉痛度、リスク・インデックスなど12以上のパラメータを分析し、アバター、表、グラフで可視化、csvで出力できます。

パーフェクト・トレーニング

ThermoHumanには、サーモグラフィーの基礎、ハイパフォーマンス、理学療法への応用、定性分析・定量分析、データの解釈などトレーニングコースが付属していますので、安心して始められます。

システム構成

FLIRカメラ (ご希望のカメラをお選びください。)
FLIR T530 解像度 320x240 ピクセル、温度精度 ±2°、温度感度 <0,04ºC / <40mK 
FLIR T540 解像度 464x348 ピクセル、温度精度 ±2°、温度感度 <0,04ºC / <40mK
FLIR T840 解像度 464x348 ピクセル、温度精度 ±2°、温度感度 <0,03ºC / <30mK
FLIR T640 解像度 640x480 ピクセル 、温度精度 ±2°、温度感度 <0,03ºC / <30mK
FFLIR T1020 解像度 1024x768 ピクセル、温度精度 ±1°、温度感度 <0,02ºC / <20mK

◆ソフトウェアパッケージ

◆パーフェクト・トレーニング

「スポーツ選手強化ソリューション」Webサイトはコチラ

TOP > 様々なセンサーや計測機器のご紹介 > リハビリ・ケガ防止サーモ画像分析 (ThermoHuman) > ThermoHuman 概要