creact

センサリーアイFX

センサリーアイFX(Sensory Eye FX)は、これまで発話の困難や四肢麻痺などで意思伝達の手段が無かったために、視覚機能や認知段階を確認できなかった重度の障がいがある子ども達の、現在の視覚や認知の段階を視線の観察によって評価できるソフトウエアです。視線入力装置が付いた画面に目を向けると画面上にきれいな画像や楽しいキャラクターが現れ見る練習を促します。ゲームを楽しみながら子ども達の「見る力」を評価し、段階を追って「見る力」を育て視線によるコンピュータ入力の初期段階を学ぶ事ができるので、視線入力による学習ソフトウエアの使用の準備練習にもなります。また知的な障がいがあるお子様だけでなく、発達障がいがあるお子様やクラス全員の子供達の「見る力」や因果の理解の評価にも適しています。


~センサリーアイFXとは~

重度重複障害などでこれまで意思を伝えたり学習を始める手段が無かった子供達は、しばしばきちんと「見る」という必要にすら迫られないほど双方向のコミュニケーションから遠ざかっている場合が多くあります。

センサリーアイFXは、5レベル30種類のコンテンツで成り立っており、レベル1の「気づき」を促すコンテンツで、まず画面を見る練習から始める事ができます。レベルが進むごとに、より正確な注視や一定時間の停留、動く対象の追従などを学んでいきます。自分で何か出来る事を楽しみ、アイコンタクトが出来るようになるのも自立への大切な一歩です。視線入力の基礎のスキルを知らず知らずのうちに学び、コンピュータを使った療育、学習への橋渡しができる場合がたくさんあります。

視線入力は通常キャリブレーションという作業を使用前に必要としますが、センサリーアイFXはキャリブレーション無しで始められます。

レベル1

スクリーンに目を向ける ~視野の確認、因果の初歩など
センサリーアイFX01

レベル2

ある領域に目を向ける ~視線の停留、狙いを定めるなど
センサリーアイFX02

レベル3

より正確に見る~固視、物の名前、色の名前など
センサリーアイFX03

レベル4

繰返し楽しむ~視野を広げる、円滑追従など
センサリーアイFX04

レベル5

視線の制御~高度な正確さ、継続、反復、記憶など
センサリーアイFX05

センサリーアイFXは、注意欠陥があるお子様や自閉の傾向にあるお子様たちの視野や注意、注視のしかた、聴覚の優勢などを観察するのにも非常に適しています。ティモコ Tim-Proや視線ビューワと一緒に、クラス全員の「見る力」の評価や、感覚統合の練習に役立てる事が出来ます。


~センサリーアイFXツールの特徴と使い方~

  1. 1.Tobi視線入力装置マイトビーC15Eyeもしくは、トビーPCEyeに接続しているコンピューターにセンサリーアイFXソフトウエアをインストールします。あとは画面のアイコンをダブルクリックするだけですぐに始められます。
  2. 2.学習者が予め視線のキャリブレーションを行う必要はありません。センサリーFXで遊びながらある対象を注視することや追いかけることが身に付くと、キャリブレーションも出来るようになり、より正確なターゲッティングが可能になります。
  3. 3.センサリーアイFXには30個のコンテンツが用意されています。下記で詳細している5つのレベルに分けられ、レベルごとに獲得したい目標があります。そしてレベル内の各コンテンツ毎に獲得したいスキル身に付けられるように、表示される画像、色、音、動き、スピード、配置、継続時間等が工夫されています。
  4. 4.センサリーアイFX最新バージョンでは、画像や色などカスタマイズが可能です。

~関連製品~

■トビー・コミュニケーター5

視線、タッチ、スキャン用の入力画面が簡単に作成できるソフト。

会話用の文字盤はもちろん、シンボル会話、ゲーム、環境制御用の画面も作成でき、付属の音声ソフトで読み上げさせることが出来ます。

詳しくはこちら

TOP > 福祉機器・リハビリツールのご紹介 > 福祉機器ソフトウェア > センサリーアイFX 概要