creact

Look To Learn

~Look to Learnとは?~

重症心身障害等で発話が困難な子ども達が、視線でコミュニケーションをはじめられるソフトウェアの「Look to Learn」。

「Look to Learn」は注視する(見る事)の練習をするための40のゲームをセットにしたソフトウエアです。ゲームは見る練習をする意欲がわき、選択するスキルを向上させるように楽しく設計されています。

個々のゲームは、原因と結果の理解から正確な視線のコントロールまで異なるスキルを成長させる事を目的にしています。ソフトウエアは教師やセラピストの方々の助言のもとに製作され、見る力の評価ツールも備えています。

○ 意欲を高め楽しく練習できるような設計
○ 感覚統合から視線の制御まで目標を定めたゲーム体系
○ 分析ツールでプレイヤーどこを見ていたか色温度
 (ヒートマップ)で可視化できる
○ ゲームの画像やビデオの内容を変更しカスタマイズ可能

注記:
このソフトウエアには、マイトビーC15Eye、トビーPCEye、トビーPCEyeGoが必要です。
このソフトウエアはキャリブレーション*が可能な子ども達に最適です。

Look to Learn01

*キャリブレーションとは、個々のユーザーの正確な視線入力を可能にするために行う手順で、指定のドットを見て個々のユーザーの目の画像を取得します。キャリブレーションを行う事が現時点で難しいユーザーには、キャリブレーションが出来るように見る練習ができる「見る力を育てる」ソフトウエア-センサリーアイFXがあります。


~Look to Learnゲームの種類~

Look to Learn02

感覚統合

  • カスタードパイ
  • 魔法のマウス
  • たまご
  • 大砲
  • ジグソーパネル
  • ブロック
  • 農園
  • 楽器演奏
Look to Learn03

探索

  • びんこわし
  • 魔法の四角
  • らくがき
  • おならの雲
  • パイをぶつけろ
  • けづってみよう
  • 公園
  • 教室
Look to Learn04

ターゲット

  • ホースの水
  • しゃぼんだま
  • 射的
  • ビデオの壁2
  • ビデオの壁4
  • ビデオの壁6
  • フルーツパンチ
  • 雪の結晶
Look to Learn05

選択

  • ご飯の時間
  • やりなげ
  • 雪だるま
  • タイヤ
  • ドラマー
  • 意見
  • モンスター工場
  • じゃんけんぽん
Look to Learn06

コントロール

  • ダーツ
  • 魔法使いの薬
  • サッカー
  • ジャングル
  • 恐竜
  • 水の中
  • 森の中

~価格~

 

Look to Learn Look to Learnのフルセット、 40種類のゲームで感覚統合から視線制御まで楽しく練習できます。 80,000円(税抜)

Look to Learn 追加ソフト キャリブレーションが可能な児童が視線入力装置を使って楽しく視線入力の練習が出来るゲームの26の追加ゲーム。
Look to Learnの基本ソフトと同時購入の場合は120,000円です。
45,000円(税抜)

TOP > 福祉機器・リハビリツールのご紹介 > 福祉機器ソフトウェア > Look To Learn 概要