creact

IST

輸送中の貨物が受ける
振動・衝撃データ計測と解析システム

IST社(Instrumented Sensor Technology)衝撃・振動・加速度・ひずみ・圧力センサのデータ計測とロガー、およびデータ解析ソフトウエアは、過酷な使用条件下でも安定したデータ取得と保存機能を持っております。海上輸送、航空機輸送の環境下でも信頼できるデータが取得できますので、後日の解析に役立ちます。


~IST環境データレコーダ(ダイナミック携帯型データレコーダ)~

米国IST環境データレコーダ( 動的環境ポータブル・データレコーダ)は、NASAのスペースシャトル、インディカー・ワールドシリーズ、ヨットレース・アメリカズ・カップ、米国鉄道会社など様々な過酷な環境下で使用されるデータレコーダとして採用されてきました。ショック、振動、加速度をはじめ温度・湿度などの様々なデータをスタンドアローンで、航空機のフライト・データ・レコーダ同様に記録します。またNASAを始めとする様々なユーザーの要望をもとに作り上げた優れた計測システムと優れた解析ソフトが、他に追随を許さないIST環境データレコーダの特長です。

IST環境データレコーダには、車のクラッシュテスト、ブレーキテスト、鉄道・航空機・船舶用の振動・衝撃レコーダ、積荷輸送のモニタリング・環境分析、商品の衝撃試験、工場内のモニタリング等用途に応じて様々なタイプがあります。お客様のご要望に基づきアレンジいたしますのでお気軽にお問合せください。

海上輸送・陸上輸送の場合、思わぬ衝撃・振動を受けて製品が損傷する場合はしばしば発生します。この場合、いつ・どこで損傷が発生したかを記録しておく事は、事故防止のみならず損傷の保険請求などの際に非常に大切な資料となります。IST社のシステムは、その信頼性の高さからNASAを初めとして、各国の船会社・交通機関で多数採用されています。

基本システムは、以下の*高速データレコーダー、*小型加速度レコーダと*データ分析ソフトウエアから成り立っています。


EDR-3C & EDR-3D 衝撃・振動・環境データレコーダー

EDR-3Cレコーダーシリーズは長時間計測を目的とし、かつまた遠隔・無人による衝撃・振動データ計測レコーダーです。大きな特徴である小型・軽量でプログラム可能な計測レコーダーは空間・重量制限のあるアプリケーションに最適です。記録中は人によるモニタリングが必要ないので、このEDR-3Cを使用すれば計測にかかる費用を大幅に削減できます。また厳しい環境下での測定に耐えられる高い信頼性も兼ね備えています。以下はEDR-3C/3Dが活躍している分野です。

 

主な用途

  • ●自動車設計・走向に関する研究
  • ●フォークリフト衝撃研究
  • ●複合一貫貨物輸送に関する研究
  • ●高額商品輸送時のデータ保存
  • ●振動テスト・特殊用途開発
  • ●車両振動、ロケット発射時振動計測
  • ●航空機の環境信頼性測定
  • ●積荷パッケージテスト
  • ●鉄道車両振動・衝撃テスト
  • ●車両自己記録
  • ●航空機振動計測
  • ●ブレーキテスト
  • ●環境テストのレベル評価能力

EDR-4 (Panther) 衝撃・振動・環境データレコーダー/ロガー/モニター

EDR-4C PANTHER 加速度ロガーと衝撃・振動データレコダーは比較的長期間にわたり、遠隔・無人で高速データ記録が必要なアプリケーション向けに設計されました。 耐衝撃性がある堅牢な構造は厳しい環境下において無人計測に最適です。DR-4 (Panther) 衝撃・振動・環境データレコーダー/ロガー/モニターの最大の特徴は徹底的な輸送状態研究、研究レベルのシミュレーション、航空機振動計測、車両衝突実験などに対応可能なことです。以下の用途に採用されています。

 

主な用途

  • ●自動車開発・設計研究
  • ●機械振動テスト・特殊用途開発
  • ●車両振動、ロケット発射時振動計測
  • ●航空機の環境信頼性測定
  • ●航空機振動計測
  • ●爆発記録
  • ●高速記録・大容量メモリー、スタンドアロンデジタル記録などが要求される計測

MotionMaster™ (モデル EDR-6DOFシリーズ) 携帯型レコーダー

EDR-6DOF携帯型加速度データロガーは長期間にわたり、遠隔・無人で加速度や振動・衝撃データ記録が必要なアプリケーション向けに設計されました。記録中は人によるモニタリングが必要ないので、このERD-6DOFを使用すれば計測にかかる費用を大幅に削減できます。また厳しい環境下での測定に耐えられる高い信頼性も兼ね備えています。以下はERD-6DOFが活躍している分野です。

 

主な用途

  • ●自動車走向テスト
  • ●飛行テスト
  • ●水上テスト
  • ●車両操縦テスト
  • ●複合輸送研究
  • ●航空機環境テスト
  • ●環境テストのレベル評価能力

MSR-3C 9チャンネル角速度波形レコーダー

 

主な用途

  • ●車両衝突テスト
  • ●車両走行中モニタリング
  • ●車両環境テスト
  • ●工業材料処理
  • ●船舶衝撃モニタリング
  • ●航空機振動テスト
  • ●鉄道車両連結時の衝撃テスト
  • ●貨物輸送テスト

SnapShockプラス

SnapShock-PLUS 加速度記録レコーダーは走行中の自動車、鉄道、航空機、船舶及び積載中の貨物等向けに設計されています。更に電子機器、通信機器、半導体などの精密機器・部材等の生産現場で発生する振動計測用のツールです。例えば生産現場の微細な床振動計測に最適な小型・形態型センサとして活躍しています。

 

主な用途

  • ●車両連結時の衝撃計測
  • ●パッケージ等の落下テスト•乗り心地テスト
  • ●輸送中のモニタリング
  • ●衝撃・追突テスト
  • ●飛行中の乱気流研究
  • ●エレベータ、エスカレータモニタリング
  • ●航空機メンテナンス
  • ●ブレーキテスト

ShockTimer-Plus 3Dv2

新製品のShockTimer 3Dv2は低価格のタイムスタンプ付3軸衝撃レコーダーです。このデバイスはユーザ設定データ値を超えたと時、受けた衝撃データを記録します。記録データとしてピーク時の衝撃レベル、日時があり、各データはブルーツースを介してパソコンに何度でも取り込み可能です。これらデータはエクセルに取り込んで、必要なとき、随時分析ができます。

 

主な用途

  • ●貨物の出荷テスト
  • ●コンテナー、パレット
  • ●鉄道車両
  • ●車両の乗り心地テスト
  • ●船舶衝撃テスト
  • ●機械類、医療機器等の衝撃テスト

データ分析ソフト

 

データ分析ソフトウエア”DynaMax Suite ”は全てのISTレコーダーに使用できます。IST社のデータ記録システム専用の解析ソフトはデータ取扱、編集、グラフ化、ソートなど豊富な機能は現場で、研究室で振動・衝撃・環境解析に威力を発揮します。記録された各種のデータは下図のようにグラフ化されたり、直観的に症状が判別できるように可視化されています。


主な応用分野

  • ●車両等の衝撃テストデータ記録
  • ●船舶等の運行途上での振動・衝撃データ記録
  • ●航空機等の飛行中の振動データ記録
  • ●鉄道車両の振動・衝撃データ記録
  • ●輸送途中の衝撃・振動・環境データの記録
  • ●各種商品の衝撃試験データの記録
  • ●工場設備等の振動・環境データ記録
  • ●環境モニター
  • ●その他あらゆる機器・設備の衝撃・振動データ記録と解析

 

 

TOP > 様々なセンサーや計測機器のご紹介 > 振動・衝撃データロガー > IST 概要