creact creact

Simi

Simi Shape 3D

マーカーレス/モーション・トラッキングシステム

マーカーを付けて計測する事が困難である競技中のスポーツ選手の動きや、赤ちゃんの歩行解析などに最も適したシステムです。
Simiモーションにアドオンソフトウェア・Simi Shape(3D)を追加することで、マーカーなしで計測と解析をすることができます。マーカーなしで計測する事により、衣類や皮膚につけたマーカーのズレを気にせず、3D関節座標・位置・角度、回転、スピード、重心等の分析を行う事ができます。

人のシルエットに基づいて動きをキャプチャ

  • ・Simi Shape3Dは、8台のカメラで対象物(人や動物など)を撮影します。
  • ・撮影された画像は、対象物と背景を分離させ、シルエットだけが抽出されます。
  • ・抽出されたシルエットを基にモデルを作成します。
  • ・3Dジョイントの位置と角度を抽出し、関節角度などのデータを提供します。
  • ・5人まで同時にトラッキングも可能です。

スタジアムにも導入されているSimiモーション

アメリカメジャーリーグの複数の球団では、スタジアムにSimiShapeシステムを設置し、ピッチャーの全投球を計測をしています。
計測したデータは、選手のトレーニングプラン、復帰時期の判断、新人発掘などに使われています。
また、トラックマン(高性能弾道測定器)と一緒に活用する事例が多く、ピッチャーのフォーム改善や怪我防止の為にも使われています。

やり投げ

ランニング

バレーボール

トランポリン

ローテーション

幼児歩行

Simiモーション 2D/3D

マーカーあり/モーション・トラッキングシステム

赤外線技術を使用しない、工業用カメラによる画像と画像処理を応用したシステム「Simiモーション 2D/3D」。
最新の画像処理アルゴリズムを使用して、2D/3Dデータを計算することができ、運動学、動力学に関するデータを計測できます。また互換性のあるフォースプレートや生体センサ(筋電など)を使用すれば、Simi モーション内で詳細な運動分析が行えます。

動物の歩行解析

マーカーレスで動物の歩行解析

実験神経学、薬理学、脊髄損傷の研究分野でもSiMi Motion 2D/3Dは活躍しています。特にマーカーを用いる事が困難なマウスやラットの歩行解析では大きな力を発揮します。

マウス(後ろ足)

ラット

サル

Simi Aktisys 2D/3D

ダイナミックな動きを最も簡単に計測

Simiモーションの中でも、最も簡単に、かつダイナミックに計測できるモーションキャプチャシステムです。
リアルタイムで測定したデータは、自動的にレポートを作成。時間を節約し、最も効率的で費用対効果の高いデータを提供します。人間工学、バイオフィードバック、ランニング、自転車、脊椎分析などにお使いいただけます。
Simi Aktisys 2Dは1台のカメラに5つのマーカーで計測し、Simi Aktisys 3Dは2~4台のカメラに5つのマーカーで計測します。

上記の動画以外に、Simi reality motion system公式アカウントでは、さまざまな動画をご覧いただけます。

Instagram: https://www.instagram.com/simi_reality_motion_systems/
Facebook: https://www.facebook.com/simi.reality.motion.systems/

システム構成

 
Simi システムハードウエア 2b - 105 fps - 8台カメラ - 2MP カメラ用三脚、クランプ、ケーブル1式
Simi モーション ソフトウエア
Simi シェイプ アドオンソフトウエア
Simi ハイスピードワークステーション

※ご依頼頂く仕様により構成は異なります。詳しくはお問合せ下さい

TOP > 様々なセンサーや計測機器のご紹介 > モーショントラッキング(CAPTIV/Simi) > Simi 概要