creact

ISCAN

アイトラッキングのISCAN(アイスキャン)社は1980年代より宇宙、自動車工学や学術分野でアイトラッキング技術の先端歩んできました。同社の眼球運動・注視点解析装置は人間工学研究、視覚生理学研究、ヒューマンインターフェース、心理学などの分野でアメリカ、ヨーロッパ、日本など各国の多くの研究者より高い評価を得てきました。瞳孔中心・角膜反射点を追尾ハードウエア対応で高速サンプリング、長距離対物距離、fMRI環境など各種カスタマイズ用途に応じています。


~眼鏡型(接触型)アイトラッカー~

① ISCAN(OmniView) ゴーグル型-両眼

 ■構成:RK-826-PCI基板、RK-630-PCI基板 シーンカメラ付き

 ■主たる用途:ドライバーの視線解析/屋内外での注視点分析/人間行動分析

 ■特徴:3次元キャリブレーション/パララックスエラーの補正/実車の場合で近くの計器類を見ている時の注視点と遠方景色の注視点の両方とも高精度で計測が可能です。

 

ゴーグル型アイトラッカー

① ISCAN(ETL-500) キャップ型単眼(両眼あり)

 ■構成:RK-826-PCI基板、RK-630 -PCI基板、シーンカメラ付き

 ■主たる用途:犬、マウスなどの注視点解析/モーバイルアイトラッキング/ショップリサーチ

 ■特徴:カスタマイズでフルフェイスのヘルメットの装着可能/6DOFとラッカーと併用してシュミレータ用VR環境用などに転換可能です。/実太陽光に強いオプションも用意されています。

 

キャップ型アイトラッカー

~スタンドアロン型アイトラッカー~

① ISCAN(ETL-200)単眼

 ■構成:RK-826-PCI基板 、RK-630-PCI基板、 RK-464雲台(マニュアル)

 ■主たる用途:fMRI、MRI環境で使用可/神経生理学研究/動物行動研究

 ■特徴:静止した状態での計測に最適なシステム/アイカメラだけを他のシステムに組み込むことが可能/カスタマイズにより多種多様な用途に対応

 

 ISCAN単眼アイトラッカー

② ISCAN(ETL-300)単眼

 ■構成:RK-826-PCI基板、 RK-630-PCI基板

 ■主たる用途:デイスプレイ内の注視点を追跡/マーケッテイング研究/ヒューマンファクター研究等など

 ■特徴:カ短、中、長焦点のレンズを選択することで視覚刺激との距離を選択できる/6頭を固定することなく、高精度で注視点瞳孔径データを取得できる

 

 ISCAN(ETL単眼アイトラッカー

③ ISCAN(ETL-400)両眼

 ■構成:RK-826-PCI基板、RK-630-PCI基板、RK-464雲台(オート)

 ■主たる用途:fMRI、MRI環境で使用可能/カスタマイズすることで多種多様な用途に対応/シミュレータ

 ■特徴:頭の動きに合わせてアイカメラが自動追尾する/両眼計測が可能/動きの速い視覚刺激に対して遅れの非常に少ないシステム

 

ISCAN両眼アイトラッカー

■技術仕様

眼球運動分解能 注視点計測精度 サンプリングレート 入力ビデオ信号 眼球運動データ出力 シリアル通信機能
±0.25゜以下(標準) 視野角±20゜~ ±25゜で ±0.5゜(標準) [System 1000/C は除く] 60Hz.(オプションで120Hz~1000Hz 対応可能) 眼球画像追跡システム、自動校正システム、 各システムに対してNTSCコンポジット ソフトウエアにより瞳孔位置座標、瞳孔径、角膜反射位置座標、瞳孔位置-角膜反射位置、注視点座標、等設定可能ただし、System 1000/Cは瞳孔位置座標、瞳孔径データのみ データ出力機能 ソフトウエアにより6パラメータまで出力可能
データ入力機能 データ記録開始、中止、データ注記機能

上記以外にも自動車研究分野で多くの実績があるアイトラッカーfaceLABを開発したオーストラリア・SeeingMachines社のアイトラッカー『FX3』や、視線分析ソフトなどを取り扱っております。

>アイトラッカーFX3はこちら

TOP > 様々なセンサーや計測機器のご紹介 > 視線計測装置(アイトラッカー) > ISCAN 概要