creact

ISCAN

fMRI/MRI/PET用視線計測

ISCAN社は、1980年代より宇宙・自動車工学や学術分野で、ビデオトラッキング技術の先端を歩んできました。同社の眼球運動・注視点解析装置は、人間工学研究、視覚生理学研究、ヒューマンインターフェース、心理学などの分野において、アメリカ・ヨーロッパ・日本など各国の多くの研究者より高い評価を得てきました。瞳孔中心・角膜反射点を、追尾ハードウエア対応で高速サンプリング、長距離対物距離、fMRI環境など各種カスタマイズ用途に応じています。


ISCAN眼球運動解析システムは、高精度・高信頼性のアイトラッカーとして、世界の研究者やマーケットリサーチ関係者の間で高い評価を得ています。データ分析ソフトウエアを使用することで、取得データは下図の様に停留点(GazePlot)、ヒートマップ(HeatMap)などの形で分析できます。またアイカメラは単独カメラなので、MRI、fMRI、MEGアプリケーションで要求される耐強磁界、超微弱磁界環境にも影響を受けずに眼球運動データを取得できます。即ち、強磁界、超微弱磁界の影響を及ぼさないアイカメラです。視覚刺激を通して取得された注視点とシステムから得られた脳画像に関連した研究テーマが、最近、学会で脚光を浴びています。しかし市販のアイカメラをこれらのシステムに搭載するには多くの困難がありました。ISCANはこれを克服し、数多くのシステムに搭載されて実績を有しています。

上図は実際にアイカメラをMRI装置に取り付けた概略図です。具体的にアイカメラを装着するMRIに合わせてカスタマイズする必要がありますので、ぜひご相談ください。

TOP > 様々なセンサーや計測機器のご紹介 > 視線計測装置(アイトラッカー) > ISCAN fMRI・MRI・PET用視線計測アイトラッカー