creact

FX3 & EyeWorks

FX3アイトラッカー

FX3の大きな特徴は、非接触で視線計測が可能なことと、様々な用途に対応できるということです。シミュレータ、コックピット、自動運転、安全運転支援、教育・心理学研究、マーケティングリサーチなど、アイトラッキング技術をベースにした研究も数多く発表されています。様々なアプリケーションに効率よく対応するためには、使い易さと専門的な解析ソフトウェアがキーワードになりつつあります。


~小さな本体とPCをUSBでつなぐだけ。外乱光にも強いので計測場所を問いません~

 
FX3は直径4cm、長さ17cmのシリンダー状です。PCとのデータのやり取りはUSB3ケーブルで行います。また電源供給もこのUSB3ケーブルで行うので、FX3につなぐケーブルは1本のUSB3ケーブルだけです。

さらにFX3は独自のアルゴリズムにより照明環境に対するロバスト性が優れています。そのため周囲の明るさが複雑に変化する車の運転席やコックピットなどでも安定したデータ計測ができます。


~EyeWorksソフトウェアと完璧に連携。視線データを使った研究をすぐに効率的に、より専門的に行えます~

アメリカ・EyeTracking社の視線データ解析ソフト『EyeWorks』は、アイトラッカーFX3と完璧に連携し、FX3とEyeWorksの組み合わせで視線データの解析をより専門的に、かつ効率的に行えます。またEyeWorksには様々な研究に対応するためにアドオンソフトもご用意しております。

 


~1台のFX3で最大5つのエリアの視線データを計測できます~

マルチスクリーンシステムにより、最大3台のデイスプレイを通して、視線追跡領域を拡大できます。ドライビング/フライトシミュレーターはもちろん、実車でのドライバーの視線計測や、管制官のマルチディスプレーへの視線トラフィックの計測に便利です。またFOVIOアイトラッカーは小型・軽量のシリンダー形状、縦置きにも対応できます。

 

 


~FX3を最大3台まで接続可能。様々な方向から被験者の視線の動きを捉え貴重なデータの取りこぼしを減らします~

FX3アイトラッカーを、2台、3台と増設する事により、視線追跡領域を拡大できます。ドライビング/フライトシミュレーターはもちろん、実車でのドライバーの視線計測や、管制官のマルチディスプレーへの視線トラフィックの計測に便利です。

 

 


~Workloadモジュール – メンタル負荷・実行(遂行)機能解析ソフト~

視線を計測しながら、同時に実行機能の負荷分析ができます。

 

 

 

 


 ~キャリブレーション不要。被験者の頭の位置や角度、まぶたの開き具合を追跡し続けます~

 

Facekitはフェイストラッキング、まぶたトラッキングのアイトラッカーを、2台、3台と増設する事により、視線追跡領域を拡大できます。ドライビング/フライトシミュレーターはもちろん、実車でのドライバーの視線計測や、管制官のマルチディスプレーへの視線トラフィックの計測に便利です。

 

 

 

 

 

 


 ~技術仕様~

   
被験者とFOVIOの距離 40~80cm
サンプリング 60Hz
視野角 26度(水平)、32度(垂直)
注視視野範囲 ±30度(水平)、+30~-15度(垂直)
注視精度 0.78度(平均)、0.59度(標準)
消費電力 3.9W(USB3.0経由)
コネクター USB3.0 Micro-B
照明波長 850nm
安全規格 IEC62471-1

動作温度

0~45度(保存温度 -30~60度)

重量 210g

寸法 170mm(L)×40mm(D)

ケース

強化アルミニウム

レンズカバー

セラミックガラス

その他規格

FCC、CE、RoHS

TOP > 様々なセンサーや計測機器のご紹介 > 視線計測装置(アイトラッカー) > FX3 & EyeWorks FX3アイトラッカー