creact

CAPTIV L7000

CAPTIVE 

MOTION CAPTURE

 

CAPTIV T-Sensモーションは、リアルワールドで計測できるワイヤレス全身モーションキャプチャーです。T-Sensモーションは3軸に加速度計、ジャイロスコープ、磁力計を持ち、TEA社のパワフルな統合アルゴリズムにより、振動、動き、磁場の変動に非常にロバストな計測を実現しています。1個から15個までセンサの数をお選び頂けます。

特徴1

振動、磁場変動に非常にロバストで、干渉が無く、実車運転中でも計測できる

特徴2

姿勢、ステアリング、ペダルの踏込などジャイロセンサ計測なので死角が無い

特徴3

被験者にセンサを装着するだけなので、車内やコックピットなどどこでも計測できる

特徴4

筋電、心電、心拍、呼吸、皮膚コンダクタンスなど生体振動と同期計測できる

特徴5

脳波や視線との同期計測も可能

特徴6

4つのビデオ画像との同期計測も可能

特徴7

高速128Hzの計測が可能

CAPTIVモーション動画


~主なアプリケーション~

 

  • ●作業者の行動分析
  • ●幼児の行動分析
  • ●リハビリテーション画像の分析
  • ●自動車運転中の被験者運動計測
  • ●会議や学習中の被験者行動分析

 


~技術仕様~

   
出力 4元数、角速度、角加速度
サンプリング 32~128Hz
精度(静的) Head 2° Pitch, Roll 0.5
電源 リチウム 300mAh
計測時間 4時間
充電時間 3時間
外形寸法 60×35×15mm
重量 30g
耐衝撃性 2000g

~生体信号同期計測~

 CAPTIVシステムを使えばモーションキャプチャーだけでなく、他の生体信号や視線データや脳波を簡単に同期して計測できます。例えば運転者の運動計測を筋電計や心電、心拍と一緒に行うことが出来ます。

 

  T-Sensモーション T-Sensセンサ
サイズ 52×25×14mm 60×35×15mm
  モーション 心拍 心電位 心電 呼吸 皮膚伝導 表面筋電位 温度/体温 皮膚伝導+温度 加速度 フォース ユニバーサル
出力単位 4元数/度/角速度 BPM μV μV %(変形量) μS(シーメンス) μV ℃/μS G (X,Y,Z) Kg/㎠ FMV % V
サンプリングレート 32Hz, 64Hz, 128Hz 16Hz 128~256Hz 128~256Hz 32Hz 2Hz 128~2048Hz 32Hz 32Hz 16~512Hz 3ch, 32Hz/ch 32~256Hz
計算方法 関節角 x 4 (1024Hz) x 4 (1024Hz) RMS128Hz
分解能 0.1° 16bit 16bit 0.01% 16bit 16bit 0.1% 0.1%/16bit 3mg 0.01Kg/㎠ 15bit
レンジ 10~220BPM ±4.4~±1.46mV ±4.4~±1.46mV 0~75% (7cm) 0~30μS 4000~700μV -40~120℃ 0~30μS ±6g 標準0~6Kg/㎠ アナログ電圧0~3V
バッテリーの時間 4時間 8時間 8時間 8時間 8時間 8時間 8時間 8時間 8時間 8時間 8時間 8時間

 

 

 


~T-LOGデータロガーとT-Recレシーバー~

CAPTIVシステムは、様々なシーンでCAPTIVの各種生体センサや外部デバイスとの同期計測を簡単に行うためのデータ取得デバイスを持っています。

 

① T-LOGデータロガー

 ■T-LOGデータロガーは最大32個のT-Sensセンサ/T-Sensモーションと無線で接続し、それらの計測データを内部メモリ(8GB)に記録します。フラッシュ機能によりビデオ同期も可能なので、ウエアラブル型アイトラッカーとの同期も簡単に行えます。

 

② T-Recレシーバー

 ■トリガIN/OUT(0~3V)の外部同期機能を備えたワイヤレスデータ取得モジュールです。最大16個のT-Sensセンサ/T-Sensモーションと無線で接続し、それらの計測データを集計。集計したデータをUSBでつないだPCに記録します。

 

 

※T-LOGデータロガー、T-Recレシーバーともに接続するT-Sensセンサ/T-Sensモーションに合わせたサンプリングレートで計測できます。

 

TOP > 様々なセンサーや計測機器のご紹介 > ヒューマンファクタ計測 > CAPTIV L7000 モーションセンサー