creact creact

航空

IMU(SBG社)を使った使用事例

Ellipse-D装備のNEXUS800

Hypack社の新しいUAVベースの測量ソリューション「NEXUS 800」にEllipse-D慣性航法システムを装備しました。NEXUS 800は、ハー ドウェアとソフトウェアを強固に統合し、LiDAR測量計画、データ収集、後処理と分析、製品作成に高度かつ調和したソリューションを提供する従来の常識を打ち破るのターンキ一方式システムです。

新UAVベ-ス測量ソリュ-ション: Ellipse-D装備のNEXUS 800

NEXUS 800は、 LiDARデータをシームレスに写真測量法に調和させる無人航空機(UAV) で、データ収集の新しい パラダイムを代表するパーフェクトなソリューションです。 HYPACK-HYSWEEPマッピングソフトウェアを搭載しているので、オペレータはLiDARおよび写真測量法データを高性能なWindows PCとUAVで計画、取得処理することができます。迅速な分析、製品作成、さまざまなCADと GISフォーマットヘのエクスポートが可能です。

NEXUS 800

  • ・Ellipse-DINSを備えた完全なGNSS支援慣性航法システムを提供
  • ・360度視野のLiDARのリターンを視覚化
  • ・パワフルでユーザーフレンドリーなHYPACK-HYSWEEPソフトウェアを使用したLiDARおよび写真測量データの取得
  • ・写真測量と点群ビューイングをリアルタイムに表示
  • ・後処理による点群とジオリファレンス写真測量との相関を提供
  • ・迅速なデータ処理と製品作成のためのWindows®PCを内蔵
  • ・膨大な計算とデータ解析が可能
  • ・包括的なフル飛行システム、トレーニング及びサポートを含む

「NEXUS 800 UAVは、HYPACK、Infinite Jib、SBG Systems、Velodyneのさまざまな専門知識を活用し、文字通りエンド・ツー・エンドのソリューションを探し求めている測量と、マッピングを行うコミュニティーへのHypackが出した答えです。」

なぜHypackはEllipse-Dを選んだか

Ellipse-Dは、RTK GNSS受信機と後処理機能を組み込んだデュアルアンテナの慣性航法システムです。
Ellipse-Dの2つのアンテナは、高速の初期設定と正確なヘディングに重要な役割を果たし驚異的なパフォーマンスに加えてSWP比(小型・軽量・低消費電力)を 備えています。

NEXUS800で生成された点群

Ellipse-DデュアルアンテナRTKINSの主な特徴

  • ・ 0.1 ° 口 ール&ピソチ
  • ・0.2° ヘディング
  • ・2 cmのRTK位置精度
  • ・ 低ノイズ及び低ドリフトのジャイロスコープ
  • ・ 軽量、低消費電力
  • ・-40°",J+ 7 5℃でキャリブレーション済み

更に詳しい製品情報はコチラ >
 

TOP > 論文集•使用例 > SBG社 慣性計測ユニット(IMU) > 航空 > Ellipse-D装備のNEXUS800