creact creact

クレアクト通信

Amazonで生体情報センサ「BITalino」がご購入できます!

こんにちは、マーケティング担当の広島です。
先週のブログでもお伝えしましたが、とうとう弊社の取り扱い製品である「BITalino」シリーズがAmazonで販売開始となりました!

Amazonで販売する構想は、随分前からあったのですが
着手までチョッと時間がかかってしまいました…。

今回は、どんな製品がAmazonで販売されているのか、チョッとだけご紹介したいと思います。

◆BITalino (r)evolutionプラグ付きキット(BLE版Bluetooth4.0とBluetooth2.0)

こちらは以前から取り扱っている生体情報センサ。複数の生体情報センサを取得できる、オールインワンの開発キット。

筋電図/心電図/皮膚電位/脳波/加速度/照度/同期用LED/DAコンバータ/プッシュボタン/ブザー/プロトタイプ用基板がセットになっております。

=Amazon「BITalino (r)evolutionプラグ付きキット」はコチラ

◆BITalino R-IoT(ライオット)

ライブパフォーマンスのために生まれたR-IoTセンサのBITalino版。モーション計測、ジェスチャー認識、ライブ・パフォーマンス・アートのためのWiFi データ通信IMUセンサです。

9DOF (3軸ジャイロ、加速度、磁気)のIMUであるだけでなく、WiFiトランスミッター、ブリッジ、データハブとしてBITalinoと互換性があります。

=Amazon「BITalino R-IoT」はコチラ

◆BITalino HeartBIT (ハートビット)

心電図検査(ECG)および容積脈波(PPG)データ取得用のセンサです。

心電図(ECG)信号を評価することによって心臓活動(例:心拍数と心拍変動)を測定できるよう設計されています。

Bluetooth通信でリアルタイムにデータを転送でき、Unity、Python、Java、AndroidといったさまざまなAPIをご利用いただけます。

 

=Amazon「BITalino HeartBIT」はコチラ。

◆BITalino NeuroBIT(ニューロビット)

脳波(EEG)データ取得用のセンサです。

ハンドルには、2つの脳波(EEG)センサを用意しております。決まった電極間隔と1芯ケーブルの設計で初心者でも正確かつ迅速に測定を開始できます。

こちらもBluetooth通信でリアルタイムにデータを転送でき、Unity、Python、Java、AndroidといったさまざまなAPIをご利用いただけます。

=Amazon「BITalino NeuroBIT」はコチラ。

◆BITalino MuscleBIT(マッスルビット)

筋電図検査(EMG)データ取得用のセンサです。

筋電図(EMG)信号を評価することによって筋肉活動を測定できるよう設計されています。

こちらもBluetooth通信でリアルタイムにデータを転送でき、Unity、Python、Java、AndroidといったさまざまなAPIをご利用いただけます。

 

=Amazon「BITalino MuscleBIT」はコチラ

◆BITalino PsychoBIT(サイコビット)

基本的な 生理心理学データ 収集用のセンサです。

精神的なプロセスと生理学的なプロセスの間の相互作用、すなわち生理学的信号による心と身体の関係を研究したいすべての人のために設計されています。

こちらもBluetooth通信でリアルタイムにデータを転送でき、Unity、Python、Java、AndroidといったさまざまなAPIをご利用いただけます。

=Amazon「BITalino PsychoBIT」はコチラ

……と、合計6種類のラインナップで販売スタートしております!

この「BITalino」を使うと、こんな事もできちゃうんですね~。

まだまだAmazon内での認知は(も?)低いですが、先ずは1個売れる事を目標にして宣伝していきたいと思っております!

TOP > クレアクト通信 > Amazonで生体情報センサ「BITalino」がご購入できます!