creact creact

クレアクト通信

SEOコンテンツの作り方

こんにちは、WEBマーケターの広島です。
昨日のブログは愛するチューバッカと会えた思いを綴ってしまいました…スミマセン。

本日は気を取り直して「SEOコンテンツの作り方」のポイントをお話したいと思います。


■やはり肝となるのは「キーワード」

SEOコンテンツのお話をする前に、私の実体験でSEOコンテンツを作った経験はありません。
でも、SEOの実務経験と先日参加したセミナーの情報を織り交ぜてご紹介できればと思っております。

やはり一番重要なのは「キーワード」。
でも、どんなテーマで記事を書くかにもよりますよね?
そして、そのテーマが一般的にどれぐらい需要があるのか知る必要はあると思います。

 

例えば「女性の働き方」。
「女性の働き方」の検索結果。

「女性の働き方 ママ」の検索結果。

これだけで随分と内容が変わってきますよね?

どんなテーマで、かつどんなキーワードで仕掛けていくのか?
そこをキチンと見極めましょう。
そしてキーワードの候補がいくつか決まったら、キーワードが持つ検索ボリュームを調べましょう。
検索ボリュームがあまりにも少ないと、かなりニッチな畑がターゲットとなり、SEOコンテンツとしてのパワーはあまり得られないかもしれません。

■お手本を真似しない

これはセミナーで学んだこと。
目的となるキーワードを選定し、それの見本となるサイトを閲覧してしまう…。
その時点で、「似た内容のコンテンツ」が出来てしまう事を認識しましょう。

1つのテーマで膨大なWEBサイトがアップされている中、似たようなサイトを作ってもユーザーは目にとめてくれません。
お手本を見る前に、どんな記事にしたいのか?どんな構成にしたいのか?
キーワードと絡めて、どこまで深く情報を追求できるのか?を妄想し深く考えましょう。

■取材は手を抜かない

SEOコンテンツと言っても、ユーザーに読んでもらわないと意味がありません。
ユーザーが「参考になった!読んでいて面白い!このサイトのファンになった!」と思ってもらえるまで、結構な時間と手間がかかると思います。

手を抜いた記事はバレてしまいます。そしてユーザーの目も肥えてきています。
取材から撮影、インタビュー、物撮など含めて、自分自身でも「面白い!」と思える記事になるよう、取材をしましょう。

■構成を作る

自分が編集長で撮影やライターさんを外注に出している場合。
また外注に出していなくても、構成は必要になると思います。
そして構成の中にSEO要件を入れる事を忘れないでください。

この時、hタグと言われる「見出しタグ」を意識する事が重要です。
hタグには使う順番も決まっており、適当に使ってしまうと検索エンジンからの評価が下がってしまいます。

以下、「構成イメージ」となります。

気を付けるポイントはhタグだけではないので、SEOの事を全く知らない場合は事前に少し勉強をしてから取り組んだ方が良いと思います。
SEOを全く意識しないで制作をすると、そのページの評価はいつまでも低いままです。

■記事の作成が完了したら

本番環境へアップしてください。
記事をアップして3カ月~5カ月程度で、その記事の効果がどれだけあるのか分かるかと思います。
それまでの期間、指定したキーワードで検索結果の何位ぐらいにいるのか。
また効果が出にくい場合は、微修正などをしてページのウォッチングをして下さいね。

参加したセミナーで登壇したSEOコンテンツ制作者の方がおっしゃっていました。
月に30本程度作成をしているとの事。
クオリティの高い記事を月に30本…こりゃ大変(汗)。
でもホンキで取り組んだら面白いだろうなぁ~と。

いつか私もチャレンジしてみたいと思っております!

TOP > クレアクト通信 > SEOコンテンツの作り方