creact creact

クレアクト通信

Googleカスタムインテントオーディエンスを試してみた

こんにちは、WEBマーケターの広島です。

Googleさんから情報を入手しながら、実験的に新しいサービスを試みる機会もある中。

先月におススメされた「カスタムインテントオーディエンス」を試した結果を、今回はご紹介したいと思います。


■カスタムインデントとは?

配信手法としては「ディスプレイネットワーク」になります。

購買意欲の高いユーザーに向けて配信できるサービスなのですが、「キーワードやURLを指定して配信できる」というのが1つの特徴。つまり、競合先のURLや検索キーワードを指定し、そこに訪れているユーザーに向けて自社の広告を配信できるっていう仕組みなんですね。エグいやり方…。

 

「競合サイト」=「自社サイトに訪れるユーザーと類似」と考えれば、興味関心も同じ可能性が高い。
エグいやり方ながらも、使わない手はない!と思い、早速導入してみました。

■競合先URLやキーワードを指定する

カスタムインテントの設定方法は、他社さんサイトに詳しく説明がされてますので、そちらをご参照下さい。

実際、URLやキーワードを登録したイメージがコチラになります。

 

キーワードは10~15ぐらい。競合先URLの登録は何個でも構わないとのこと。
でも、ニッチな製品を取り扱っているクレアクトは、競合先もそんなに多くはない。

結果、登録内容としては少ない状況となってしまいました。

■結果は?

このサービス、実は期待をしておりました。

競合先のホームページを閲覧したユーザーに広告を提示できる。結構引っ掛かるのではないかと、期待をしておりました。その結果がコチラ。

表示回数もクリック数も…ぜぇ~んぜんのびない!

3週間程度やって表示回数が171。クリック数は4。コンバージョンはもちろんなし…トホホです。
予算もかなり低めに設定していましたが、問題はそれだけではなさそう。

そこから数日後。

見かねたAdwordsのサポートお姉さんからお電話を頂きました。
事情を説明したところ、登録している競合先のURLやキーワードが少なすぎるとのこと。

もう少し興味範囲を広げるという意味でオーディエンスの設定を「ターゲティング」から「モニタリング」に変更。ターゲティングのリーチ数はかなり増えたのですが、結果こちらもイマイチ…シ~~~ンです。

おそらく、畑の広いジャンル(転職とかショッピングサイトとか)の方が、競合先も関連キーワードも桁違いに登録できるハズ。クレアクトのようなニッチな分野に関しては、チョッとハードルが高かったかな?と思っております。

結局、このキャンペーンは一時停止状態に。
サービスとしては魅力的なので、ご興味がある方は試してみて下さいね。
上手くハマれば、結構高い効果を得られるような気がしていますので。

 

※追伸
その後の結果を続編としてブログにアップしております!
続・カスタムインテントオーディエンスを試してみた

TOP > クレアクト通信 > Googleカスタムインテントオーディエンスを試してみた