creact creact

クレアクト通信

スウェーデン出張(part3)

ガス入りウォーターにはまってしまった鬼塚です。
日本でもそれっぽいものを売っていますが、現地のものがしっくりきます。

今回はガムラスタンの探索です。

ガムラスタンに行く途中の交差点です。
黄色いペイントがついている棒は全部信号機です。
数えてみるとこれだけでも20本くらいありました。

この信号機には青い箱がついており、「ガッチャンガッチャン」と常に音を出しています。
信号が青になると、「ガガガガガ!!!!!」と銃撃を受けているかのような音に変わります。
さっさと渡れ!と言わんばかりに急かされます。

それぞれの信号は同期を取っているようですが、何本かズレているやつがいるのでサラウンド銃撃戦が楽しめます。

川というか、湖が大量にありますがご覧の通り氷が浮いています。

分厚い氷の上で、鳥が羽を休めています。とても寒そうです。

島にはたくさんの銅像が立っています。
左からグスタフ3世さん、カール14世さん、オラフ・ペーテルソンさんです。
(間違っていたらすみません...)

この辺りはストックホルム大聖堂やノーベル博物館など、見どころがたくさんあります。

周囲にはお土産屋さんやカフェもあります。

あちらこちらでこの子を見かけます。かわいいですね。背中にも乗れるようです。
コイツにまたがって街中を走り回れれば楽ちんですが、残念ながら動きません。

島から戻る途中にショッピングモールにも行きました。

わかりにくいとは思いますが、通りの奥はず~~~っと人だらけです。
休日のアキバを上回る人だかりです。
スウェーデンの人口は950万人くらいで、そんなに人はいないと思いますが、どうやらここに一括集中しているようです。

帰り道の途中にも面白い場所がありました。
パースを感じさせる階段です。横の橋に書かれている模様もなにかありそうです。

滞在したホテルのすぐ近くにも博物館があったので、最後に寄ってみました。
ここは陸軍博物館です。遠くで叫び声のようなものが聞こえていましたが、軍事演習でもやっているのでしょうか。

入口の両側には巨大な大砲が二つ、その奥にもずらっと並んでいます。
正面でボーッとしてたら粉々に吹き飛ばされます。

手前の方には戦車が置いてありました。
コイツに乗り込んで突破しろということですね。

たくさんの聖堂や博物館に寄って、建物の中もとても素晴らしいものがあり、それについてもお伝えしたい所ではありましたが、撮影禁止の場所とかもよくわからなかったので写真は撮っていません。(忘れてたわけではありません)
興味が湧いた方はネットで調べればいろいろと出てくるとは思います。

しかし、単なる情報としても楽しめるものではありますが、やはり自分の目で直接見る臨場感にはかないません。
今やインターネットや動画、仮想空間とかを使って家にいながら世界旅行した気分になることができる時代になっています。

ハンデを持っている方にとっては、行きたくても行けなかったところに行くことができ、世界が広がり非常に素晴らしいことだとは思いますが、やはり動くことができて本当に興味がある方は、是非ともその場まで実際に足を運んで、全身で世界を感じていただければ幸いです。

TOP > クレアクト通信 > スウェーデン出張(part3)