creact creact

クレアクト通信

返報性の原理

From 大竹

 

とうとう今年も花粉の季節がやってきました。

私は一昨日から症状が出始めました。

ゴールデンウィーク頃まではマスク生活が続きます。

iPhone Xの顔認証もいちいちマスクをずらさないと使えないし・・・。

覚悟はしていたものの、しばらくは我慢の日々ですね。

返報性の原理

 

以前のブログで『社会的証明の原理』について書きました。

これはロバート・B・チャルディーの『影響力の武器』にある考えです。

今日のブログでは同様にこの本にある『返報性の原理』について書こうと思っていました。

 

しかし・・・。

 

今朝、通勤電車の中である本を読んだのですが、

そこにたまたま返報性の原理を利用した事例の記述がありました。

 

なかなか過激なことが書いてあるではありませんか!

 

さらに『影響力の武器』の中でも次のように言っています。

 

『これらの原理を道具としてではなく武器として使うという選択した人は

必ず自ら墓穴を掘る結果に終わる』

 

なんて恐ろしい本なのでしょう。

 

 

というわけで返報性の原理について書くのはやめときます。

興味のある方はぜひ読んでみることをおススメします。

 

影響力は、あくまでも道徳的に利用しましょう。

 

 

大竹 賢司

TOP > クレアクト通信 > 返報性の原理