creact creact

クレアクト通信

SNSと偶然と

こんにちは、WEBマーケターの広島です。
みなさんはSNSをどのような用途で使っていますか?
私はもっぱら個人的な事ばかり。

■Facebook
→ホントに共有したい事だけ。ときどき会社絡みの告知にも使う。親しい人から1回しか会った事ない人、1回も会った事ない人…と関わりにバラつきあり。

■Instagram
→わりと頻繁に更新。日々のことを中心に週に1回から2回程度アップ。繋がっている人は友人と知り合い。情報を知ってもらいたい時だけハッシュタグを付けるけど、個人的な内容であればタグを付けずに投稿。また、過去の記録を残しておく意味もあったりする。

■Twitter
→アカウント自体をクローズに。繋がっている人もホントにわずか。ナゼならどうでもいい独り言がメインだから(苦笑)。

で、本日。
SNS絡みでチョッとビックリな事が起きました。


■Facebookで「1回もお会いした事ない人」

今日、クレアクトの車に適した視線計測装置「FX3」について、電話でお問合せをいただきました。
電話のお相手は、とあるマーケティング会社の、とある方。苗字に覚えがあり、なんとな~くモヤッとしつつ担当者と交代………あれ?まさか??

自分のFacebookアカウントにアクセスし確認。
思った通り、4年前あたりに私から申請をして繋がっていただいた、とあるマーケリサーチャーの方だったんです。

マーケに関して知識が乏しかった当時のワタシ。
その方から学ばせて頂きたくて、友達申請をさせて頂いたんですね。だから1回もお会いしたことがないですし、私が「クレアクトで働いている」という認識も持っていらっしゃらないハズ。

その方が、「検索エンジン」でヒットしたクレアクトの製品に興味を持って、お問合せをしてくれた…なんか嬉しかったんですよね。

不躾ながらもメッセンジャーを通してお礼を。
ご返信には「非接触型の車で使えるアイトラッカーを探していたんです。クレアクトさんの製品であれば、使えるかな?と思ってお問合せをさせて頂いたんですね。」との事。

 

う、嬉しい…キチンとメッセージが伝わっている事実が、嬉しい!

残念ながらレンタルをご希望させていたので、今回はお力になれず…少し申し訳なかったという出来事でした。


■偶然を何かの繋がりに

今回の出来事。
私からお礼メッセージをお送りしなくても良かったこと。
私がクレアクトの人間である事を黙っていれば、そのまま何事もなく忘れてしまうぐらい、小さな出来事。

でもお礼をした事で「あ、広島さんはクレアクトのWEB担当なんだ。」という認識を持って頂けます。
で、これから投稿をする内容に、少~しだけ興味を持ってくれるかもしれません。

これだけ聞くと計算高い感じがしますが(苦笑)、せっかくの偶然を生かすも殺すも自分次第だなって思うんですよね。

ちなみに、Facebookの国内月間アクティブユーザーは2015年が2,400万人なのに対し、2017年は2,800万人。

※参照元:Social Media Lab

 

ここ数年は圧倒的にInstagram。
Facebookのアクティブユーザーって少ないだろうなって感じておりましたが…上記のグラフを見る限りだと、まだまだ捨てたもんじゃないなと思うのです。

過度に何かを配信するつもりもない。
過度にプライベートをさらけ出したくもない。

でも、時としてこんな「繋がり」があるのは、SNSならではだなと思うのです。
何にしても、SNSをどう使うかは自分次第…ですね。

TOP > クレアクト通信 > SNSと偶然と