creact

クレアクト通信

支払いはまかせろー!(バリバリ)

こんにちは。生体センサーでお馴染みの鬼塚です。

今回はEDAです。
EDAは皮膚電位といい、簡単に言うと手の発汗を取ることができます。
急に汗をかけと言われても難しいですが、緊張したときや驚いたときに、手に冷や汗が出るといった現象は、皆様も経験しているかと思います。思うがままにはならず、手は正直に反応します。
手に汗をかくことで皮膚表面の電気抵抗が変わりますので、これを捉えます。


毎度のごとくデータシートを確認(画像が面倒なので各自見てください)すると、「Range:0-23uS」と書いてありますが、この単位(uS)はマイクロジーメンスといい、抵抗の逆数です。黒いスーツでアタッシュケースのよーなものを持った小さなおっさん達に監視されるのとは違います。

具体的な用途としては、感情マッピングやウソ発見器、ストレス、リラックスのフィードバックに使用されるそうです。

データシートに電極を取り付けている写真があります。(手首の付け根がわいるどです)

このような形でもいいですが、EDAの場合は計測に便利なベルクロストラップがあります。
こちらはゲルを使用しない電極なので繰り返し使用することができます。今回はベルクロさんを使用します。

とりあえずは何かシチュエーションを決めて試してみたいところですが、本日のお仕事は写経が多いので、感情はほぼフラットになりそうです。(ある意味覚醒しそうですが)

業務中にウソをつくわけにもいきません。ちょうど先週あたりからシエスタ推進期間のようですので、シエスタ中のデータを取ってみることにしました。これでストレスやリラックスの度合いがわかりそうです。

ではさっそく、「しえすた」です。 Zzz...(-.-)

..ひるようございます。今日もいい天気です。(゚∞゚)
このようなグラフができました。

貴重なお昼休みを裂きましたので15分程度となりましたが、少々の計測時間があることと、他の生体信号と比べても変化に時間がかかるのでサンプリングレートは10Hzに設定しています。

開始してから、徐々にグラフの値が下がり始めていることがおわかりかと思います。
リラックスし、現実世界から乖離していく様子が伺えます。(何故かグラフもマイナスを指しています...)

真ん中あたりで多少増加していますが、これはおそらく周辺環境のノイズの影響で動揺したせいだと思います。(詳細は機密事項のため、控えさせていただきます)

お昼休みの時間超過が発生すると天誅が下りますので、しくじることがないようにアラームを設定しておきました。
最後の大きな変動はちょうどアラームが動作したあたりです。
現実世界に強制的に呼び戻されたせいか急激に上昇しています。最悪の目覚めなので、ストレスが跳ね上がったようです。

大雑把に実験してみましたが、今回も興味深いデータが取れました。

それでは、来週もおたのしみに!

TOP > クレアクト通信 > 支払いはまかせろー!(バリバリ)