creact creact

クレアクト通信

眠いのを我慢しながら仕事する

from 大竹

 

眠いです。

本厚木に引っ越したおかげで朝の通勤電車で寝ることはできますが、それでも昼飯を食べた後は眠いです・・・。

仕事中の眠気、あなたはどうやって対処してますか?

対処法の一つとして私はスタンディングデスクを利用しています。

健康のことを考えて、試しに1台だけ導入したスタンディングデスク。

会社の共有スペースに置いたスタンディングデスクですが、これが眠気防止に効果あり。

スタンディングデスク、いいです。

なぜか誰も使わないので、毎日私が独占使用しています。

 

でも本当はもっと効果のある解決方法もあります。

それは昼寝。

眠いのを我慢しながらスタンディングデスクで仕事する努力家の俺を演出するくらいならさっさと寝れってことですね。

昼寝を導入している会社もあるくらいですから、その効果も証明されています。

あのジョン・F・ケネディも5~20分の昼寝「ミニ・ナップ」を一日に何回かとるように習慣付けていたそうです。

昼寝をするだけで仕事のパフォーマンスがぐっと上がるなら、ぜひみんなで寝ましょうよ。

 

ちなみに昼寝にはどうやらルールがあるようで、それを守らないと逆効果だそうです。

寝る時間は20分。しかも14時までに寝るのがポイント。

20分以上寝てしまうと、深い眠りに入ってしまうので、昼寝後すぐにパフォーマンスを引き出せないそうです。

また14時を過ぎて寝てしまうと、今度は夜の睡眠に影響が出てしまうとのこと。

 

実は私も以前は昼寝をしていました。

以前別の会社で働いていたとき、昼休みは照明が消され、みんな机に突っ伏して寝ていました。

昼休み明けの同僚のおでこはたいてい赤かったものです。

しかし、クレアクトの昼休みは45分。

昼飯を食べに外出し会社に戻ってくると、もう寝る時間はありません・・・。

そこでまずは社内のルールを変え、せめて昼休みを1時間にすることを目指してみます。

 

というわけで、昼寝のルールに気を付けて早速あなたも昼寝を取り入れましょう。

 

 

大竹 賢司

TOP > クレアクト通信 > 眠いのを我慢しながら仕事する