creact

クレアクト通信

SEOの目的を考える

こんにちは。寒い…とにかく寒い…こんな寒い日は、SEOのお話に限りますね。ということで、本日はWEBマーケターの広島がお届けします。

過去、SEO会社に在籍していたワタクシ。

「検索結果の上位にランクインすれば、多くの人の目に触れて、サイトへのアクセス数が増えます!」

カンタンに言えば、指定KWで上位ランクさせる為の「施策サービス」を提供していた会社にいたんですね。


で、最近。

SEOについてチョッと考えた時。でも考えなくても当たり前に分かっていたこと。

「このKWで検索上位にして下さい!」という考え方は、やはり間違っているなと。

目的が何なのか、それが明確にならなければSEOの施策なんて意味ないなって思うのです。

例えば「目的」が以下の場合。

  • ●社名を多くの人に知ってもらいたい
  • ●製品を多くの人に知ってもらいたい
  • ●サービスを多くの人に知ってもらいたい

…でも、行きつくところって結局「リードを増やしたい」に繋がるんではないかと。

で、「リードを増やしたい」が「目的」になった場合。

  • ●どの畑(分野)に響くKWを選定するのか?(掛け合わせKWも含む)
  • ●WEBサイトに来てくれた時に、ユーザーが欲しい受け皿(情報)がキチンと揃っているか?
  • ●その結果として、リードに繋がる可能性が高まるのか?

そう考えると、KWの選定からずいぶん変わってきちゃいますよね。

検索ボリュームはあるけど、「畑」に響かないKWを選定し、まかりまちがって検索上位にランクインしたとしても、WEBサイト内で離脱。リード獲得どころか、検索エンジンから評価もされなくなっちゃいます。

いろんな海外の計測機器やセンサーを扱っているクレアクト。

機器によっては、かなりニッチなところにしか響かない製品もあります。

でも、それでいいんです!

ニッチだからこそ、戦う相手は厳選される!

ニッチだからこそ、ペルソナ像が描きやすい!

ニッチだからこそ、ズバリな専門用語が明確で、それが重要KWになる!

ニッチだからこそ、ささる言葉がわりと明確!

ニッチだからこそ、KW単価が安かったりする!…あ、これはPPC施策の方だ。

「KW検索上位ありき」で施策を考えるのではなく、「目的がこうだから、このKWで検索上位を狙いたい」「その為には受け皿となるページの中身をキチンと作りましょう」っていうことが、正しいやり方ですよね。

改めて考えると、一般的に人気のある「美容」や「ダイエット」、「不動産」「転職」といった畑で戦っている人たちって大変~~!

もうワタクシ、SEO会社の代理店には戻れません…だって「このKWで検索上位にして!」って言われても「ムーーリーー!」って思うから。

目的ありきの受け皿。

受け皿ありきのKW選定…だなってね、改めて思うのです。

 

ではでは、あいにくの天気で、かつ「いったい誰に投票すればいいのやら…」の選挙もありますが

みなさん、良い週末をお過ごしくださいねッ!

TOP > クレアクト通信 > SEOの目的を考える