creact

クレアクト通信

今頃気付きました

From 大竹

 

先週、フランス・TEA社からStephane(ステファンと読みます)が来ていました。

うちではTEA社の商品『CAPTIV(キャプティブ)』を販売していますが、そのCAPTIVの新製品や既存製品に追加になった新機能などについて、技術的なレクチャーやマーケティングの話などなど、結構みっちりと打合せをしました。

私は2年前からこのCAPTIVの営業担当をしているので、新製品・新機能の可能性にかなり興奮してしまいました。

この情報は取り急ぎニュースリリースでお知らせしますのでお楽しみに。

 

とそんな興奮とは別に、かなり衝撃を受けたことがありました。

それが既存製品の既存機能

打合せの最中にStephaneがその機能を何気なく「もちろん知ってるだろ?」くらいの感じで話し始めたのですが、

「ん?なに?何の話してんの?」

そんな私たちのざわつきを察知したのか、Stephaneが「これこれ。これのことだよ」的な感じでその機能を実際に見せてくれました。

それを見た私は

「えー!!!!!そんなことできんのかい!」

と新鮮に驚いてしまいました。

 

ということで、かなり便利な機能がCAPTIVには隠されていました・・・。

まさかの商品リサーチ不足。

そんな私たちの様子を見てStephaneは呆れていました。そりゃそうですよね。

 

あなたにとって価値のある物を紹介しなければならないのに、こんな便利な機能を伝え忘れていたとは・・・

せっかくネットでCAPTIVを見つけ、うちに問合せしてくださった方。

この機能をちゃんと正しく伝えていれば、抱えていた苦労や悩み、面倒な作業から解放される方もいたかも。

それを考えると、とても申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

 

セールスライティングでは「商品」「見込み客」「マーケット・競合」の3つのリサーチが必要だと言われます。

「商品」のことはもう十分に知っているので、これから「見込み客」や「マーケット・競合」のリサーチを本格的に始めよう。

そしてCAPTIVのダイレクトメールやランディングページを作ろうと思っていた矢先の出来事でした。

 

あなたにちゃんと商品のベネフィットを伝えられるように、もう一度商品のリサーチから出直します。

 

 

大竹 賢司

TOP > クレアクト通信 > 今頃気付きました