糖尿足の足底圧力分布計測と分析

 

novel足底圧力分布計測と分析
1983年からnovel社は糖尿足の為の足底描画システムを開発してきました。その結果として、30年以上の間、世界中のnovel社のパートナーはこの課題に関する幅広い研究を行ってきました。このようにして、糖尿足の治療と足潰瘍と切断予防における貴重なノウハウを習得してきました。novelで足底描写―糖尿患者の負荷パターン変化を早期に発見する為の評価ツール

  • diabetic_00

  • diabetic_02

  • diabetic_04

糖尿病患者と向き合っているヘルスケアの専門家の目的の一つは、糖尿病の人々の足潰瘍と切断を減らすことです。足底描写法は早くより費用対効果の高い方法で、このゴールの達成をお手伝いします。糖尿病の結果として広く知られる症状として、糖尿病性神経障害による糖尿足があります。着地時の足への負荷の画像は、敏感さが失われること、足の変形、正しくない足の機能に影響されたものです。一般的に、高い圧力がかかった足の特定の部位は組織が破壊される大きなリスクを示しています。糖尿病患者の標準的な治療に加えて、高い圧力を示す変形した足への負荷は、適切な履き物や圧力を緩和する装具という意味での緊急の足への手当てを必要とするかもしれません。糖尿病患者のための靴の中敷きのゴールは、局部的な高い圧力を避けるためのいわば均一の圧力を作り出すことです。

emed01emedプラットフォームは足診断における最も正確な足底描画システムであることを証明してきました。また足の下の動的な負荷の分布を計測し、局部的な圧力と、足の構造と機能に関する詳細な情報を提供します。計測結果は、とりわけ靴の中敷の作図に使用されます。この工程のために、一対のハードコピーとリスクの下にある足の部位の動的な負荷画像は特に関連性の高い情報です。

emedの特徴
emed足底描画プラットフォームの上で動いている足をスキャンします。患者が左右それぞれの足ごとにプラットフォーム上を3回歩いて計測します。novelエキスパートソフトウエアが足画像の分析をサポートします。また高い圧力のエリア、だらっとした歩き方、つま先の低い機能があるか探します。これらは神経障害と足の機能不全のために変化した歩行のサインであることがあります。足底面の潰瘍が起こっている場合は、トータルコンタクトキャスト(TCC)か、糖尿足用の歩行ブーツを提供します。

 web_image00pedarインソール型計測システムは最軽量の最も万能用途のポータブル足面負荷の計測システムです。ブルートゥースによるワイヤレス計測で、患者が自由に動くことが出来ます。それにより足の機能と共に靴と靴の中敷の機能にかんする正確で詳細な情報を提供します。更にpedarは修正された靴の中の中敷からの圧力の除去状態を計測し定量化する事が可能です。

pedarの特徴
pedarインソール型圧力計測システムで靴の中の圧力が処方された靴によって軽減されているかを、普通の自由な歩行を繰り返している時に計測し検証します。もし高い圧力のポイントはあるが潰瘍は見えない場合は、糖尿病患者のために適切に深さを追加した靴を与えます。固い靴底と円弧上の形は足の圧力分散を促進します。カスタムメードの中敷の製作のためのCAD/CAMシステムへ足底描写画像を送ります。整形外科的な中敷は局部的な高い圧力を軽減し、より良い足の圧力分布を実現します。

 データの解析
diabetic_01足底描画法は内科医や足病医が糖尿足をモニタリングするのを助けます。足底側の高い局部的な圧力は、潰瘍を起こし可能性があります。適切なフットウエアは高い局部的な圧力を軽減し足裏のより良い圧力分布を作り出します。足底描画法はそれゆえに超尿病による足潰瘍を予防する上で最も重要だと言えます。

 

神経障害がある足の典型的な圧力分布画像は次の3つのファクターを示します。
1. 踵から、中足部、前足部、そしてつま先へのロールオーバーの過程が明確に定義できない。足は典型的には接地面時に平面ポジションで、すぐに前足部への負荷になるのが特徴的です。このパターンは足圧力画像上のCOPラインの形でも知ることが出来ます。
2. 第3、第4、第5中足骨頭の下の局部的な圧力の値は、しばしば他の足の部位との関連で高まります。500kpaの圧力値がemedで見られることもあります。極端な場合は1MPaが記録される場合もあります。
3. つま先についてはその低下した機能のために動的な画像の中であまりはっきりしない、または見えない事があります。

 詳しい技術仕様はカタログをダウンロードしてください