応用分野:チームニューロダイナミクス

ABM42チーム ニューロ ダイナミクス

チーム・ニューロダイナミクスのプラットフォームはチーム、グループ、あるいは民間企業でなぜ彼らがチームの中でそのように振舞うのか、その横たわっている理由を明らかにする生体測定の方法を提供します。最多6セットのB-AlertモバイルEEGシステムの同期計測は、定量的な、リアルタイムの、客観的な心理生理学的な評価基準を社会的なインタラクション、チームのメタ認知的状態の理解を提供します。

チーム・ニューロダイナミクスは下記のように、自然発生的なリーダーシップの展開を予測しプレーヤーとコーチの関係の有効性を評価するために最近応用されています。

ABM43自然発生的なリーダーシップとチームのエンゲージメント

アリゾナ州立大学のDavid WaldmanとABM社の研究チームはB-Alertの認知状態メトリクスが正確にグループの中の自然発生的なリーダーを予測していることを示し、独立した調査でも確認されました。これらの調査結果はAcademy of Management(#1 in the Financial Times 45) の会議でBest Paper Proceedings for the 2013に選ばれました

ABM44ニューロサイエンスのリーダーシップ・プロジェクト

ABM社はESADEビジネススクール、アリゾナ州立大学とリーダーシップの神経学的メカニズムを表するために提携しました。160人のMBAの学生がB-AlertワイヤレスEEGヘッドセットを付けてビジネスの事例を解きました。EEGメトリクスは、客観的なパフォーマンスの判定基準と主観的なエンゲージメントとリーダーシップの判断基準に相互に関係しあっていました。

ABM11個人指導中の2人の神経系の同調性を評価する

「 Lecture Notes on Artificial Intelligence」で公表されたこの論文はABM社の研究チームが精神生理学的評価基準を空間推論ゲームの最中のプレーヤーとコーチの2人組について試験した結果に関するものです。結果によると、生理学的メトリクスは獲得された最高スコアの35%の理由を説明し、時間経過とともにプレーヤーとコーチはより同調するようになったことを示しました。