応用分野:バイオマーカー

ABMBioMarkersバイオマーカー

増加している一連のエビデンスは、安静時と事象関連刺激のプロトコル両方を含むEEG分析が多くの神経学的疾患と異常を評価するバイオマーカーの開発に役立つかもしれない事を示しています。B-AlertモバイルEEGシステムと分析用ソフトウエアは新しいEEGベースのバイオマーカーの開発のプラットフォームとしてご活用いただけます。(B-Alertシステムは日本では研究用機器としてのみお使い頂けます。)

ABM45アルツハイマーの為のEEGバイオマーカーの開発

ABM社はバイオジェン アイデック社とB-Alert X24を使ったEEGベースのバイオマーカーの開発で協力しています。このポスターはサンディエゴで2014年3月に開催されたThe GTC Biomarker Summit 2014で発表された予備調査の結果報告です。

 ABM46Dr. Ajay Verma バイオジェン アイデック社とABM社のと共同研究ついて

「The StrataRx 2012」においてAjay Verma 博士(バイオジェン アイデック社 実験医学副社長)キーノート・スピーチの一部として、B-AlertモバイルEEGが、なぜ神経学的医薬品開発に存在する危機的な能力ギャップを埋めると言えるのかについて説明しました。

abm07-200x130HIVに関連した神経認知的障害(HAND)のためのバイオマーカー

Dr. Thomas MarcotteはUCSD(カリフォルニア大サンディエゴ校)のHIV神経行動学的リサーチ・プログラムで、HIVがある患者の神経認知的な低下を特徴づけるためにB-AlertシステムとAlertness and Memory Profiler (AMP)を使用しました。AMPに基づく評価基準はまた、HIVの患者群と健康なコントロール群で路上での運転エラーのパフォーマンスの予測における一般化にも使用されました。

ABM47苦悩の神経生理学的バイオマーカーを特定する

心理学的シグナルを検知し分析するためのDARPA資金によるプロジェクトの一環として、ABM社の研究チームはあるカスタマイズされた自叙伝法的なストレスの誘出ツールを開発しました。B-Alert X24は健康な被験者と心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断された被験者から神経生理学的データを集めるために適用され、そして重要な初期の研究結果の基礎を提供しました。