計測・センサ・機能性流体

HOME > 計測・センサ・機能性流体 > Cordin社の最高速・高分解能カメラ

Cordin社の最高速・高分解能カメラ

cordin_image00

米国Cordin社の開発したロータリー方式の超高速カメラは燃焼工学、レーザ研究、超音波医学、衝撃波撮影、など一般には撮影できない動きを高速・高解像度で撮影できます。

Cordin社

50年以上にわたって、Cordin社は高速画像撮影の分野で世界のリーダーとして活躍してきました。その結果、この分野ではあらゆるアプリケーションに対応する幅広い機種揃えを誇っています。例えば世界で唯一の回転ミラー技術を駆使した超高速カメラは、他と比較しても明らかにその差がわかる高精度・高分解能な画像を取得します。更に特定用途に適したストリークカメラ、フイルムカメラ、また撮影に最も適した照明装置や同期装置も揃えて皆様のご要 望にお応えしています。

製品

回転ミラー方式

id54_cordin02jpg-200x121Cordin社の数々ある高速カメラの中でも最も高性能で信頼性の高いモデルです。 このモデルは世界中で採用されているフラッグシップです。フレームレートは20万/秒から400万/秒まで各種ございます 。

 Model 560 詳しくは  Model 131  詳しくは

インテンシファイカメラ

214インテンシファイ、非インテン シファイのシステムがあり、16フレームまでのマルチチャンネルカメラが用意されています。最短露光時間は5ナノセ カンドを実現していますので、あらゆる瞬時現象が撮影可能となっています。詳しくは

ストリークカメラ

model164比類のない高速度で連続撮影が可能なストリークカメラです。ピコセカンドのソリューションを提供いたします。Cordin社のストリークカメラは高感度ですから、さまざまな環境でお使いいただけます。

  詳しくは

同期システム

id54_cordin05.jpg-200x84Cordin社の遅延装置はパラメーター設定が非常に柔軟性がありますので、さまざま な環境に適した設定が可能です。トリガーは8個の異なったイベントに対応し、最大99ミリ秒まで遅延可能です。

フラッシュシステム

id54_cordin06.jpg-200x141種ハイスピード写真撮影に柔軟に有効に対応するように設計された高強度クセノン光源です。このユニットは短い高い強度の光パルスを発生し、早い消灯能力を持っています。

高解像度回転ミラーCCDカメラコーディンモデル560について

2つの技術の最高の特徴を統合しています。それは、速度と回転ミラーカメラのマルチフレーム光学品質を達成し ながら、すぐに利用できるデジタル高分解能画像の取得です。各画像は全てのスピード範囲でフルフレーム解像度で取得されます。カメラは1K x 1Kの複数CCDで16、32、62、又は78フレーム構成か、2K x 2Kの複数CCDで 20、40又は78 フレーム構成が利用できます。フレームは白黒又はカラー、両方をミックスすることができます。

Cordin社はお客様のご要望に従いアタッチメントのタスタム製作、取り付け方法などの検討、その他カメラを正常 な動作、効果的な撮影等などに対応しておりますのでご遠慮なくご相談下さい。また特殊な環境下での使用などに 対しても、今までの豊富な経験と実績をもとにしたソリューションとサービスを提供してまいります。下記のようなアプリケーションのビデオ画像があります。是非、ダウンロードの頁から、Cordin社のアプリケーションビデオをご覧ください。

 cordin_image

詳しい技術仕様はカタログをダウンロードしてください

お問い合わせ・資料請求・デモのご用命は こちらをクリック!