計測・センサ・機能性流体

HOME > 計測・センサ・機能性流体 > 機能性流体(MR流体とER流体)

機能性流体(MR&ER)

MR流体(Magneto-rheological:磁気粘性)流体は、印加磁場を変化させることで自由液体から半固体状態まで可逆的に瞬時に変化させること ができる機能性流体で、制御、エネルギー拡散アプリケーション(例えば衝撃、ダンパー、ブレーキ)等に主に使用されています。 ER流体(Electro-Rheological:電気粘性)は電場を印加するとその物理的特性が変化します。1ミリ秒以下の速さで固体、半固体(ジェル状)、即ち自由に流動する液体から微粒子がクラスター形成された高粘度体まで、印加された高電圧(数KV)に比例して変化します。 

米国LORD社が開発・製造するMR流体

  MR_bottle> 詳しくは

 英国Smart Technology社が開発・製造するER流体

ER_photo.small> 詳しくは

MR流体はその現象が発見されてから約60年が経過し、その用途は日々拡大しています。世界で唯一大量生産を行っている米国LORD社が開発・製造してい るMR流体とその関連製品は、研究目的のみならず、自動車や建機、農機等の一般産業分野でも幅広く応用される時代となっています。

Smart Technology社はER流体の新しい応用やこの技術を使用した製品を顧客と共同で開発を行っています。電気粘性流体(ER流体)を電極間に満たして、高電圧(数KV)電場を印加するとその物理的特性が1ミリ秒以下の速さで高粘度体まで変化します。

お問い合わせ・資料請求・デモのご用命は こちらをクリック!