計測・センサ・機能性流体

FOVIO – SeeingMachines社製アイトラッカー

fovio_web_image******上図をクリックするとアイトラッカーFovioのデモが始まります******

アイトラッカーfaceLAB を開発したSeeingMachines社は、この度、全く新しいアイトラッキング エンジンを搭載したアイトラッカーFOVIOを世に送り出しました。その大きな特徴は多用途に対応可能なアイトラッカーです。最近はシミュレータ、コックピット、未来自動車開発、教育・心理学研究、マーケテイング・調査目的等などアイトラッキング技術を基にした各研究が花盛りになってきました。様々なアプリケーションに効率的に対応する為には、使い易さと専門的な解析ソフトがキーワードになりつつあります。

 

FOVIOはプラグ&プレイ、簡単な各種設定、シーンカメラ設定等のハードウエア面での機能を充実すると同時に、アイトラッキングデータ解析のプロであるEyeTracking社と提携して解析ソフトの世界標準となっているEyeWorksと組み合わせることで、より専門的に、より効率的に研究目的を達成できるアイトラッキングシステムを世に問うこととなりました。FOVIOは170×40mmの小型タイプで、USB3.0を通して電源が供給されます。更にマルチスクリーンシステムにより、最大3台のデイスプレイを通して、記録されたデータ観察、被験者が観察している視覚刺激画面とコントロール用パソコン画面が同時に観察できます。またシーンカメラモジュールを使用してリアルタイムで監視画像を視覚刺激として使用できます。

FOVIOリンク

FOVIOアイトラッカーを、2台、3台と増設する事により、視線追跡領域を拡大できます。ドライビング/フライトシミュレーターはもちろん、実車でのドライバーの視線計測や、管制官のマルチディスプレーへの視線トラフィックの計測に便利です。またFOVIOアイトラッカーは小型・軽量のシリンダー形状、縦置きにも対応できます。

FOVIOリンク&マルチディスプレイ

EyeTracking社のソフトウエア

EyeWorks:指示、質問、静止画像&動画提示、web画面提示機能とデータ収集・解析機能があります
Quad Server:複数デバイスと同期をとり、リアルタイムで複数センサのデータ観察機能などあります
Cognitive Workload:各分野における作業負荷の計測・解析、難易度等のレベル量的計測が可能です

 もっと詳しく

 

*詳細はそれぞれのカタログを参照して下さい。

ETI03

FOVIOの高精度視線計測例

FOVIO+EyeWorksプレミアムパッケージ -システム構成

  • FOVIOアイトラッカー
  • EyeWorksプレミア
  • EyeWorksマルチディスプレイ・モジュール
  • EyeWorksシーンカメラ・モジュール 

FOVIOの技術資料

被験者とFOVIOの距離

40~80cm

サンプリング

60Hz

視野角

26度(水平)、32度(垂直)

注視視野範囲

±30度(水平)、+30~-15度(垂直)

注視精度

0.78度(平均)、0.59度(標準)

消費電力

3.9W(USB3.0経由)

コネクター

USB3.0 Micro-B

照明波長

850nm

安全規格

IEC62471-1

動作温度

0~45度(保存温度 -30~60度)

重量

210g

寸法

170mm(L)×40mm(D)

ケース

強化アルミニウム

レンズカバー

セラミックガラス

その他規格

FCC、CE、RoHS

 fovio08 fovio09

詳しい技術仕様はカタログをダウンロードしてください

 

お問い合わせ・資料請求・デモのご用命は こちらをクリック!